サイネリア〜わたしのひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔法少女リリカルなのはViVid第34話〜高め合う拳〜

<<   作成日時 : 2012/03/25 01:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

サイネリアの聖羅夢です。リリカルマジカル13にて無事にサークルの新刊も出せました(笑)。
これからもViVid本を出していきたいと思います。
それでは第34話の考察・批評・解説コーナーをお楽しみください。
画像


タイトル:Memory;34☆「格闘戦技選手」

【登場人物】24名
高町ヴィヴィオ ミウラ・リナルディ 
アインハルト・ストラトス  コロナ・ティミル  ミカヤ・シェベル
ノーヴェ・ナカジマ ウェンディ・ナカジマ ヴィータ ザフィーラ 
高町なのは フェイト・T・ハラオウン 八神はやて シグナム アギト 
ヴィクトーリア・ダールグリュン カリム・グラシア シャンテ・アピニオン  セイン
リオ・ウェズリー ディード  ハリー・トライベッカ リンダ ルカ ミア
 

シャンテとヴィクトーリアの後日談を捕捉し、ヴィヴィオとミウラの試合がさらに盛り上がる!
魔法戦を絡めて、決着は格闘戦技でつけようとする格闘少女が熱く描かれています。
《魔法戦ではヴィヴィオが上手》
ヴィヴィオが放った「ソニックシュート」であるが、複数の射撃魔法を高速で撃ち出していることから、Memory;13☆「マッチアップ・デュエル」でアインハルトに使用した「ソニックシューター・アサルトシフト」と同じものである。そしてこのとき、アインハルトに回り込んで高速砲の「ディバインバスター」を放つ作戦だったものと思われる。
ミウラは回避せずに受けて防御したのだが、拳で弾いている。パンチ力の方が魔法弾を上回っているのである。しかし、アインハルトの「旋衝破」のように完全に受け止めているわけではなく、着弾のした際にヴィヴィオが視界から隠れたことで、背後に回われ高速砲の「ディバインバスター」を受ける結果となった。ヴィヴィオは、「ソニックシュート」が防がれることを想定して、次の攻撃の準備に入っていたのである。
新魔法「ファントムスマッシュ」
「ソニックシュート」の射撃型と誘導型を同時に放つ。拡散弾として放ちミウラの視界を遮るのと同時に、意のままにコントロールした魔力弾をミウラの頭部と顎に狙い撃ちしたのである。
『ドラゴンボールZ』での「操気弾」のようなコントロールと魔力集中が必要である。

《ミウラの対ヴィヴィオ魔法攻撃》
ヴィヴィオが射撃魔法を仕掛けてくる事は分かっていたはず。ヴィータとザフィーラが何の策もなしにいたとは思えない。そこで、ミウラの集束魔法と格闘技術をあわせた攻撃魔法を考案したものと思われる。
「ブレイジングコメット」
ヴィータの「コメートフリーゲン」のように、生成した魔力を撃ち出して対象を破壊するのだが、撃ち出す手段を“蹴り”としたことがミウラらしい。
『Yes! プリキュア5 Go Go!』においては、キュアルージュの必殺技「プリキュア・ファイヤー・ストライク」
『スマイルプリキュア!』では、キュアマーチ の必殺技「プリキュア・マーチシュート」
と、魔法の力を蹴り出す技は女の子の中では有名ですからね(笑)。キック力と弾のコントロールがあればこそ出来る技である。

《セイクリッド・ディフェンダーの弱点》
Memory;34でミウラから受けたダメージ
ブレイジングコメット直撃(ダメージ1030)
ボディに右ストレート(ダメージ480)
左ガード上から左ストレート(ダメージ520)
ボディに右ストレート(ダメージ730)
ボディに右ミドルキック(ダメージ5380)
ボディに左ストレート(ダメージ360)
両手ガード上から右左ミドルキック(ダメージ410)
両手ガード上から右ストレート(ダメージ180)

表示はセイクリッド・ディフェンダーが発動してない時に受けたダメージである。予期せぬ攻撃であったり、攻撃のタイミングを読み誤まると効果がなく、相手の攻撃を見切れるヴィヴィオの目が重要である。『ドラゴンボール』第23回天下一武道会での悟空VS天津飯の試合のように「太陽拳」のような目くらましを食らうとセイクリッド・ディフェンダーは使えないことになるのではないだろうか。

《奥の手》
第3ラウンドで勝負にでたミウラ。
新技となる抜剣「四天星煌」であるが、「抜剣」が両脚に魔力を集束したのに対し、両手にも魔力を集束し四本の剣としている。ヴィヴィオはまず、拳からの攻撃なのか、足からの攻撃なのかを見極めなければならず、一度受けた後の次打も想定しておかなければならない。ミウラの超度級の攻撃力を前に、ガードしてもかなりのダメージを受けることになる。ミウラはセイクリッド・ディフェンダーごと撃ち砕く覚悟で、真正面から挑むであろう。

ヴィヴィオもまた必殺技を用意している。“最後の”と付けていることから、とっておきのカウンター技で試合終盤で使用してこそ威力が発揮するのだろう。Memory;20「秘密特訓!」 での伏線で、ノーヴェから指導された技が「セイクリッド・ディフェンダー」の以外にもあることを示唆している。ミウラの技以上の返し技でないと敗北を意味する…。

《予想では》
新技披露となりますが、後出しのヴィヴィオが有利! 八神家と道場の皆からの想いを受けてミウラは立ち上がるでしょうが、ヴィヴィオの想いの方が強いところを見せてくれるはず! まずはミウラの抜剣「四天星煌」に対抗できる技を披露することと予測します。
さあ、どうなるのか!?
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村

魔法少女リリカルなのはViVid (6) (カドカワコミックスAエース)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2012-03-22
藤真 拓哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔法少女リリカルなのはViVid (6) (カドカワコミックスAエース) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


にほんブログ村 アニメ感想

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
魔法少女リリカルなのはViVid第34話〜高め合う拳〜  サイネリア〜わたしのひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる