サイネリア〜わたしのひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔法少女リリカルなのはViVid第60話〜届けたい想い〜

<<   作成日時 : 2014/12/13 15:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

祝♪ 魔法少女リリカルなのはViVidアニメ化決定!
サイネリアの聖羅夢です。
拳で語り合うヴィヴィオとアインハルト。ヴィヴィオの想いが少しずつアインハルトの心に届き始める……。
それでは第60話の考察・批評・解説コーナーはじまります。

タイトルMemory;60☆「撃ち抜く力」

【登場人物】11名
高町ヴィヴィオ アインハルト・ストラトス   
ディエチ・ナカジマ ノーヴェ・ナカジマ コロナ・ティミル リオ・ウェズリー
ジークリンデ・エレミア ヴィクトーリア・ダールグリュン シャンテ・アピニオン 
ルーテシア・アルピーノ ファビア・クロゼルグ

<クラウスの想い>
クラウスはオリヴィエのことを“大切で愛おしい”と心中を明かしている。
Memory;10☆「望んだ強さ」では、仲良しの間柄ではなく、同士という認識で、Memory;46☆「追憶のメモリアル」では友人という認識であった。


<扉絵考察>
藤真拓哉先生が「アインハルトを覆う殻に拳を打ち付けるヴィヴィオを描かせて頂きました☆」とコメントされております。
アインハルトを覆う殻は、クラウスの想いと無念を抱えた状態を意味した描写であると思われる。
アインハルトの表情が暗く沈んでいるのは、クラウスの悲願を叶えるまで笑うことができないと自身に課しており、エレミアの手記を通してオリヴィエの過去に触れたことで、クラウスの想いをさらに強くしたからである。アインハルトの想いは過去に向けてのものであり、アインハルト自身の未来に向けたものではない。
ヴィヴィオは、アインハルトに前を向いて欲しい、クラウスやオリヴィエだけでなく、私達も見て傍にいることを分かって欲しいと願っているのではないだろうか。その想いをぶつける為にアインハルトを覆う殻に拳打ち付けているのである。

<アインハルトの戦術>
防御姿勢でヴィヴィオの攻撃を受けてからのカウンター攻撃が主体である。回避力はヴィヴィオが上回っており、セイクリッドディフェンダーによる防御力で打撃は防がれてしまう。ヴィヴィオに勝つには、攻撃から防御に転じる瞬間を狙うしかないと判断したのである。

<古流武術の「一拍子」>
ヴィクトーリアが解説したアインハルトの技であるが、宮本武蔵が執筆したとされる『兵法三十五箇条』と『五輪書』に一拍子についての記述がある。
『兵法三十五箇条』では「拍子の間を知るという事」の項目で、緩急のある敵の動きをつかみ、自身は不動のまま太刀の動きを覚られないように速く敵に当てる内容が記されている。
『五輪書』では「敵を打つに一拍子の打の事」の項目で、自身と敵とが互いに間合いに入った位置にいる状態において、自身の身を動かさず、敵が攻防の判断をする前にすばやく打つ内容が記されている。

<参考資料>
『五輪書』 水の巻
◆敵を打つに一拍子の打の事
敵を打つのに、一拍子の打ちといって、敵と我とが打ちあえるほどの位置をしめて、敵がまだ判断の定まっていないところを見抜き、自分の身を動かさず、心もそのままに、すばやく一気に打つ拍子がある。
敵が太刀を、引こう、はずそう、打とうなどと思う心が決まらぬうちに打つ拍子が、一拍子である。この拍子をよく習得し、きわめて早い間で、すばやく打つことを鍛錬せよ。

『兵法三十五箇条』22 拍子の間を知るという事
拍子の間を知るということは、敵によっては速い動きもあり、遅い動きもあり、敵の動きにしたがう拍子のことである。心の遅い敵に対しては、我が身を動かさず、太刀の動きの兆しを知らせず、速く敵に当てる。
これが一拍子である。

ヴィヴィオの両手の拳に魔力が集中していたことから、ヴィヴィオは「アクセルスマッシュW」の体勢であったものと思われる。Memory;59☆「オール・オア・ナッシング」では、アインハルトはヴィヴィオの「アクセルスマッシュW」を防いだものの、攻撃の動きは読まれており「セイクリッドディフェンダー」で防御されていた。
「アクセルスマッシュW」のタイミングをつかんだアインハルトはヴィヴィオの“拍子の間を知った”ことになる。だからこそ「一拍子」の打ちが成功したのだ。

<黒いジャケットの意味>
ヴィヴィオが装備した黒のジャケットであるが、『魔法少女リリカルなのはStrikerS』にて、なのはと戦った時の装備である。その時に教わった事をアインハルトに伝えたい。その強い想いと決意を込めた姿なのである。
「撃ち抜く力は想いを届けるために」……ヴィヴィオの名言になることであろう。

<アインハルトの想い>
拳を通して伝わってくるヴィヴィオの強い想いに対しアインハルトは今までヴィヴィオたちの笑顔に癒されてきたことを知る。
「私は―!」に続く台詞には、アインハルトが出した答えではないだろうか。
ヴィヴィオと出会って今までに感じたこと。コロナやリオ達と共に過ごして感じたこと。アインハルトがアインハルトとして生きてきたことに気づいた……。アインハルトの台詞が何であったのか? 読者に委ねたことで、よりアインハルトの気持ちになって見ることができるものと思う。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村

魔法少女リリカルなのはViVid (12) (カドカワコミックス・エース)
KADOKAWA/角川書店
2014-07-25
藤真 拓哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔法少女リリカルなのはViVid (12) (カドカワコミックス・エース) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


にほんブログ村 アニメ感想

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
魔法少女リリカルなのはViVid第60話〜届けたい想い〜  サイネリア〜わたしのひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる