サイネリア〜わたしのひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔法少女リリカルなのはViVid第62話〜新たな始まりのプロローグ〜

<<   作成日時 : 2015/01/24 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

祝♪ 魔法少女リリカルなのはViVidアニメ化決定!

サイネリアの聖羅夢です。チームナカジマが新たなスタートを切りました。そして、新キャラ(?)登場で何かが起きる予感!?
それでは第62話の考察・批評・解説コーナーはじまります。

【登場人物】14名
高町ヴィヴィオ アインハルト・ストラトス   
ディエチ・ナカジマ ノーヴェ・ナカジマ コロナ・ティミル リオ・ウェズリー
ジークリンデ・エレミア ヴィクトーリア・ダールグリュン シャンテ・アピニオン 
ルーテシア・アルピーノ ファビア・クロゼルグ オットー ディード イクス


ストーリーの位置づけとしては、ヴィヴィオ対アインハルトの試合の後日談と伏線回収がメインである。
ラストで新章の幕開けと新たな伏線を発生させており、ViVidの世界がさらに広がることを予感させている。

<扉絵考察>
今話の扉絵は、チームナカジマの四人が手を組み新たなスタートを切る様子が描かれている。特に注目するのがアインハルトの表情だ。和らいだ表情なのだが、他の三人が満面の笑みなのでまだまだ笑顔になりきれていないように見える。前話で笑顔解禁になったものの、笑顔になることに慣れていないことを配慮したのではないだろうか。

<クロゼルグの血脈に課せられた使命>
クロゼルグの怨恨を抱いて生きてきたファビアであるが、誤解であったことが明らかになった。
アインハルトがファビアを“クロ”と呼んだことで、クロゼルグに対する悪意がないことを伝えている。
アインハルトが過去の呪縛を解き放ったのと同じように、ファビアが先祖から課せられた使命も終わったことを意味している。
ファビアからの台詞はないものの、その表情は“理解した”と読み取れるものであった。

<コーチ ノーヴェの指導>
インターミドル初参加でコーチとしての未熟さを痛感したノーヴェであったが、今話では彼女の熱血ぶりが伝わる。厳しさと優しさでヴィヴィオ達のことを考えているのだ。
なのはママがやんちゃだった頃には、ノーヴェのような指導者がいなかったのだが、大人目線で語るノーヴェの存在がいると、ヴィヴィオはまだ子供であることを実感させられる。

<イクス覚醒?>
イクスから誕生したチビイクス。一体、イクスの身に何が起きたのか?
イクスについては、『StrikerSサウンドステージ](イクス)』の物語で語られている。壮大な伏線というべきか、ViVidでイクスがどう物語に関ってくるのか楽しみである。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村


魔法少女リリカルなのはViVid (13) (カドカワコミックス・エース)
KADOKAWA/角川書店
2015-01-23
藤真 拓哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔法少女リリカルなのはViVid (13) (カドカワコミックス・エース) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


にほんブログ村 アニメ感想

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
魔法少女リリカルなのはViVid第62話〜新たな始まりのプロローグ〜  サイネリア〜わたしのひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる