Kanonオープニングテーマ比較検証

●第1作のオープニングタイトルは『florescence』作詞:こさかなおみ、作曲:上野浩司、編曲:神津裕之、歌:藤原美穂作品タイトルの出方は原作ゲームのメニュー画面と同じ描写である。
●第2作のオープニングタイトルは 『Last regrets』
作詞 / 作曲:麻枝准 (Key)、編曲:高瀬一矢 (I've)、歌:彩菜
原作と同じオープニング曲である。

両オープニングを比較してみると、第1作でのカメラワークは面白いのだが、第2作では作画の質の違いがはっきり現れている。ヒロインメインの綺麗なビジュアルに、物語りの核心をつくシーンが流れており、これはすでに原作やストーリーを知っている視聴者を対象とした上でのアニメーションであろう。また「あゆ」をメインヒロインとして扱っており、最後話までの流れは第1作と同様であることが予想される。不憫な扱いなのは祐一である。少女の記憶に残る幼き日の姿だけであり、栞と語っているのも後姿のみ。第1作のオープニングでは存在感の強かった祐一なのだが、ストーリー上でもヒロイン達の性格に飲み込まれないかと不安を感じる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック