うたわれるものらじお解説集【第四回】前編

お知らせ
只今公開中の『うたわれるものらじお解説集』ですが田中敦子さんゲストの特別版を盛り込んだ解説集をコミケ71にて出します。三日目(日)東5ホールピ-34a 「サイネリア」で参加いたしますので会場に来られる方はどうぞお立ち寄り下さいませ。

【放送日】2006年7月28日
【パーソナリティー】小山力也(ハクオロ役) 柚木涼香(エルルゥ役)
【ゲスト】沢城みゆき
【オープニング】エルルゥ「ハクオロさん、あのですね」
ハクオロ「ん、なんだい? エルルゥ」
エルルゥ「アルルゥのことなんですが…」
ハクオロ「アルルゥがどうした?」
エルルゥ「え~と、ムックルの毛って凄い硬いはずですよね?」
ハクオロ「あ~、そうだなぁ。ムティカパを倒す時は苦労したからな」
エルルゥ「なのにアルルゥは、ムックルを枕にして気持ちよさそうに眠ったり、上に乗ったりしてるんですよ」
ハクオロ「そういえばそうだな」
エルルゥ「わたしが思うにアルルゥって…」
ハクオロ「アルルゥって?」
アルルゥ「お父さん、お姉ちゃんどうしたの?」
エルルゥ「うわっ、アッ、アルルゥ、なんでここにっ!?」

ついにゲスト出演が叶って上機嫌の力也さん。対してご機嫌斜めの涼香さんはさっそく攻勢に出る。
力也「今日は、なんとっ、やった~♪」
涼香「やったじゃありませんっ。初めて邪魔が入るんですよ、私達の間にっ
力也「ゲストがうわぁ~い。ゲストが、ゲストがいらっしゃいました♪」
涼香「なんでそんなに喜んでるんですかっ、どういうことですかっ!」
力也「だって誰も来てくれないのかと思ってたんですけど」
涼香「来なくていいって、散々わたし言ってたじゃないですかっ!!
力也「今日は素敵なゲストがいらしてます」
涼香「すっごい嬉しそうに…嬉しそうにいい声しちゃって」
棘々しい涼香さんの前で出るに出らないゲストさんがとても可愛そう…。
みゆき「あの、あの、あのお邪魔します。沢城みゆきです」
涼香「もうちょっと堂々と喋って、いいのよ」
みゆき「あのですね、なんであの今日は神聖なお二人の間にお邪魔するということで、あの、ケーキ、あの、よろしかったらと思って持ってきたんで柚木さんちょっとの間いてもいい?」
涼香「駄目。駄目かな…。ラジオなのにすごい眼みしちゃった。ごめん皆あれを想像してよ。ムックルをさぁ怒るシーンがあるでしょ。すっごいわたしあの顔で沢城みゆきを見ている」
画像
※アニメ第5話にてムックルを一睨みで恐怖に陥れた顔が浮かぶ。この恐怖がゲストが出演を萎縮している原因なのかも。みゆきさんはアルルゥがハチミツ大好きということもあり、メイプルもののロールケーキを献上したのであった。みゆきさんから見た力也さんと涼香さんの人柄について。
みゆき「力也さんはほんとにね、仕事に対して紳士な人でね。そこがすごく好きなんです。あと初めてタクシーに乗ったときに普通にシートベルトする人見て、そこも好きなんです。あと柚木さんはね、真剣な話とかをしようとするとね、ちょっとはぐらかすとこがあるの。すっごい色んな事をねハートで感じる人なの。私はすごい頭で考えるタイプなんだけどすっごいハートで感じてすっごいハートでやるからすごい好きなの」
涼香「ありがと。でもさっきさ、力也さんの話してる間にさぁ、二回か三回位さぁ力也さんのこと好きって言ったよね?」
みゆき「えっ!? いっ、言ったかなぁ? それはお父さんだもん。お父さんとしての好き、それは恋愛感情としての好きっていう意味じゃないの」
涼香「ほんと? ほんと?」
みゆき「of course」
力也さんがさりげないフォローで沢城さんを庇っている様子もチェックポイントです。
涼香「エルルゥとアルルゥどっちが好きですか?」
力也「いや、そんないきなり。もうどっちもね。かけがないのない家族ですもんね」
涼香「それで片付けちゃうだいっつも、いっつも。便利な言葉だよ家族って! もうっ!!
みゆき「ぶっちゃけ、うたわれのね、女性キャストみんな力也さんが好きなんだけど、それと同じくらい柚子木さんも好きだから二人を見守ってるわけ。特にウチの田中敦子氏とか大原氏とかもそうだし」
※まさか大原さんがゲストに来られた時にあんなことになるとはこの時誰も予想してなかった。

後半はゲストへの質問コーナー、ドリィとグラァに挑戦しようのコーナー等で盛り上がりますのでお楽しみに。
サイネリアのHPはこちら→http://www5b.biglobe.ne.jp/~saineria/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック