CLANNAD 第9話感想~風と共に去った少女~

冬コミ新刊の入稿が終わり、録り貯めていたアニメ番組を消化…いつのまにか『CLANNAD』が大変な事になっていました! 『ひぐらしのなく頃に』と同じく原作未プレイだと伝わるモノが違っているのでしょうが、想いが起こす奇跡は「Key」ワールドの魅力的なストーリーだと思います。意識不明の状態で病室に入院中である「風子」の物語は「Kanon」「月宮あゆ」を彷彿しました。実体のある幽霊!? 等ではなく、ひたむきで誰よりも負けず嫌い、誰からも愛されるヒロインとして見る事ができるのは、これまでKey作品が積み上げてきた世界をそのまま受け入れているからでしょうね。
序々に存在が忘れられていく風子を支えてきた朋也と渚でしたが、遂に二人も忘れてしまいます。その時、思い出すきっかけとなるのはヒトデの彫刻だと思ったのですが…用務員のおじさん、いい仕事をしましたね。朋也から託された公子さんの結婚式をおじさんは忘れていませんでした。風子と直接関わりが無かった為であると推測されますが、二人を導いたのが公子さんの妹ではないかと指摘する辺り、只者ではありませんでした。
ヒトデの奇跡…存在はなくなっても形は残っていたヒトデの彫刻。誰のものとも分からないモノを捨てずにいたのは、風子の想いが届いていた証拠でしょうか。公子が風子からヒトデの彫刻を受け取るシーンは、『家族』を表すCLANNADらしかったです。風と共に空へと帰って行った風子はまさに風の子でした。
残る奇跡は風子が意識を回復することですが、最後の最後にヒトデの彫刻を通して風子の存在を語る杏達のおかげで、安心させられました。
第9話では挿入歌が二曲使用されておりましたが、EDではその曲が何だったのか表示はされませんでした。原作のゲームでも使用された曲だと、ファンにはたまらないでしょうね。

さてさて、第9話を見終わった衝動のままCLANNADの同人誌を作りたくなりますが(笑)、サイネリアはもうしばらく『うたわれるものらじお』の方に時間がかかりそうです。
サイネリアのHP http://www5b.biglobe.ne.jp/~saineria/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • CLANNAD 第9話「夢の最後まで」

    Excerpt: せつないお話でしたな。 朋也と渚も風子を忘れてしまったが、日曜日の結婚式の準備をしている教師の一言で二人が風子を思い出すと風子が傍らにいた。風子の記憶をなくした二人の側に風子はずっといたのかもしれな.. Weblog: White wing racked: 2007-12-09 17:21
  • CLANNAD クラナド 第10話 天才少女の挑戦

    Excerpt: おぉ・・・朋也が渚のこと名前で呼んでる。これって風子の想いが残ってるってことだよね( ´Д⊂ヽ 朋也達自身も不思議に思ってるけど、風子の温かい想いを感じ取れてるみたいです。 今週から.. Weblog: 猫が唸る感想日記 racked: 2007-12-10 13:28
  • レビュー・評価:CLANNAD/第9話「夢の最後まで」

    Excerpt: 品質評価 72 / 萌え評価 21 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 8 / シリアス評価 17 / お色気評価 19 / 総合評価 23<br>レビュー数 331 件 <br> <br> 風子を連れて朋也と渚は夜の学校へ忍.. Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン racked: 2007-12-10 15:15