コードギアス反逆のルルーシュ R2 第4話「逆襲 の 処刑台」

COMIC1☆2 コードギアスのカレンはやはりバニー姿が多かったですね(笑)。イベント帰りで見た為、感想は簡単に。

ロロの暗殺者としての人生が明らかに。人を殺した事と食事をした事とをかけるとは、「ジョジョの奇妙な冒険」に登場する「ディオ」さながらの台詞でしたね(笑)。ただ、ディオには揺るぎない信念がありましたが、ロロには精神的な脆さがありました。第3話でルルーシュから贈られた誕生日プレゼントを大切にしていたのも、自身になかった誕生日を祝ってもらえた喜びがあったからである。自身の存在理由と任務にこだわり過ぎたあまり、ルルーシュの手の平に閉じ込められてしまった…完全なる敗北…彼の未来は、明るくなさそうですね。最後はルルーシュに看取られて偽りの兄弟のままで死ぬような…それでもロロが幸せを感じたなら、彼にとっては幸せなことかもしれないが…。
扇との記憶に揺れるヴィレッタですが、処刑されることを心底望んではおりませんでした。敵同士で再会した時、二人かどうなるのかも見所である。
大幅に戦力が強化された黒の騎士団。ロロではルルーシュの役不足となった今、スザクが遂に学園へ…ナイトオブラウンズの面々が黒の騎士団とどう戦ってくのか!? 新たな展開に期待します。
【気になるシーン】
コーネリアの安否を心配するギルフォード…なぜ姿を消したのか? 気になる伏線ですね。
【お気に入りのシーン】
銃の手入れをするC.C.…上手く出来ずに一瞬びっくりする表情が素敵でした。
【今話の名台詞】
「散々使い倒してボロぞうきんのように捨ててやる」(ルルーシュ)
ロロ以上の黒さです。これぞルルーシュ節(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック