コードギアス反逆のルルーシュ R2 第5話「ナイト オブ ラウンズ」

前話の件以来すっかり大人しくなったロロ。ヴィレッタ先生 ルルーシュ
スザク歓迎会のイベントによりミレイ、シャーリーらの表情豊かなシーンが描かれていたのは喜ばしい。
ミレイとロイドの関係だが、ミレイの留年により延期となった状態…ミレイはわざと留年!? ロイドの人間性は相変わらずのようであるが、ランスロットと共に再登場となる予定であることから、セシルの登場も是非期待したいところ。
ルルーシュを巡りシャーリーとカレンが対決! 知略にたけるルルーシュも運動能力ではいいとこなしといった所など、コミカル的展開で楽しめる内容であった。
ルルーシュのギアスにかけられた生徒の1人。いくつかのパターンをあらかじめ準備していたようだが、いかにもご都合主義である。
「ナイトオブラウンズ」の三人(スザク、ジノ、アーニャ)が、黒の騎士団の対抗戦力として登場。憎めない性格であるようですし、不憫な最後をとげないで欲しい。
スザクの狙いは「ナイトオブワン」となり日本を取り戻すことにあった。そしてナナリーの消息が明らかに。総督としてエリア11に赴任する彼女は黒の騎士団の敵となる。ナナリーと会話をさせたのは、ルルーシュが記憶を取り戻しているかどうかを試す為であった。ナナリーと話したくても話せないルルーシュの苛立ちが、スザクへの憎しみをより掻き立てるでことでしょうね。
【気になるシーン】
アダルトな魅力を披露したヴィレッタ先生に…しかし、扇との関係をつかれロロ同様ルルーシュの手に落ちる。これで学園をほぼ掌握したルルーシュ。野望に向けて進んでいます。
また今話でもゼロとの関係でツンデレをみせるカレン。さらに、トマトに突き落とされたC.C.がパンチラを披露。お色気満載である。
【お気に入りのシーン】
ピザ生地の上に落されかけそうになるC.C.の表情とぬいぐみをかかえる少女らしい仕草に。世界一のピザと共に焼かれればC.C.も本望であろう(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック