コードギアス反逆のルルーシュ R2 第8話「百万 の キセキ」

ルルーシュが目指したのは行政特区日本でブリタニアからの独立を図るものではありませんでした。
百万の同朋と共に国外へ脱出させる…しかも誰一人として欠けることなく合法的手段に持ち込む政略はお見事。
ゼロという象徴によって百万の意志を団結させ、実行させたことが偉業である。
ニーナとシュナイゼルの意外な組み合わせであるが、彼女の実験の成果が黒の騎士団にどう影響するのか気になる伏線である。
【気になるシーン】
ミス ローマイヤのシーリン節が炸裂! アザディスタン王国での経験を買われたことはありますね(笑)。
スザクにかけられたギアスの効力はいまだ健在であった。第7話でギアスをかけられたコルチャック以下不幸な方々の将来はどうなってしまうのでしょうね。
病気持ちであった星刻…不吉なフラグが立ってしまいましたね。天子の為、命をかけて戦う熱い男でありました。
【お気に入りのシーン】
セシルがセクシー衣装で登場。ロイドの遊び心でやむなくといった感じでしたが、ヴィレッタには負けてられませんね。
【今話の名台詞】
「スザク…あなたって、マゾ?」(アーニャ)
同人誌ネタにはもってこいですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック