コードギアス反逆のルルーシュ R2 第12話「ラブ アタック!」

咲世子の完璧な仕事ぶりでルルが大変なことに(笑)。108人とのデートプランを設定する緻密な計画プランもさることながらルルーシュって学園ではもててるのですね。リヴァルの立場がかわいそう…。
彼女って篠崎流37代目のSPだったんですね。公式にはスーパーメイドとして紹介されておりますが、『まほろまてぃっく』のまほろさんや、『仮面のメイドガイ』でのコガラシやフブキのように、優秀なメイドさんキャラでした。
今話もシャーリー、ミレイのシャワーシーンでお色気サービスは忘れませんでしたね。
しかも、幻惑部隊って(笑)。対ルルーシュ用にミレイが選抜し設立させた部だったのでしょうか。

色恋沙汰にはいつもの知略が通じないルルーシュの人間らしさが見れた一話でもありました。
学園ラブストーリーでめでたく締め括るかと思いましたが、またまたラストでどんでん返し。
ルルーシュへの恋にかけるシャーリーの情熱が、憎しみと悲しみに変わるのか!? 

ミレイの選択した未来は、自分で行き方を決めて進んでいく道であった。ロイドとの婚約解消はなんとなくそうなる予感はしてました。咲世子だけがミレイの気持ちを察して呟いたのも見逃せません。ロイドを見つめるセシルの視線が意味深…。

【気になるシーン】
コーネリア登場! ルルーシュが掴もうとしたギアスの教団に迫ります。たった一人で捜索していたのでしょうか?
調整がすんだオレンジが世界に滅びの道を!? ギアスキャンセラーの能力を得て遂に帰ってきました。

【お気に入りのシーン】
ルルーシュvsミレイ…部活動部員を使ってルルーシュを追い詰めるミレイとルルーシュとの駆け引きが楽しかったですね。
シャーリーと2人きりになるルルーシュ。シャーリーからのキスを受け入れるルルーシュの仕草がかわいい。ナナリー一筋ではなかったのか? シャーリーの恋する力に完敗したルルーシュでした。

【今話の名台詞】
「女体に意味は…ありませんっ!」(ルルーシュに変装した咲世子)
ルルーシュを色目で落とせるのは…ナナリーしかいないでしょうね(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック