ガンダム00 セカンドシーズン #11「ダブルオーの声」

セルゲイが無事でなりより♪
ソーマとハレルヤはひとまずお休みに。

気になるのが王留美とネーナの関係。王留美に助けてもらってから行動を共にしているネーナであるがニイニイズの復讐心からいつかは裏切りそうな予感。
変革を求める王留美であるが、自分が特別な存在であるかのようにソレスタルビーイングとイノベイターを利用としておりいつかは刹那の破壊対象となるのだろうか。?

アニューはやはりイノベイターのスパイでしたね。ツインドライブの実験結果までは伝えてないようですけど、これからはソレスタルビーイングの行動が筒抜けになること必至。
それにしてもソレスタルビーイングの衛星基地にいる人員の多さは意外でした。ガンダムの修理もロボットがしてましたし、後方支援している人員がこれほどいたとは。組織カもあるのですね。

奇襲攻撃、戦力を分散しての波状攻撃、新型機によるピンポイント攻撃……カティの作戦はガンダムが四機しかいない事、ソレスタルビーイングの戦力を分析しての攻撃プランでスメラギに隙を与えない連携した攻撃でしたね。やっとカティの本領が見られた戦いでした。

イアンがまさか!? しかし、主役級キャラはそう簡単に死なないのが00ですからね。
負傷したことで沙慈がオーライザーのパイロットとなったのでした。

バラック大尉散る。ルイスのよき上司だったのですが、カタロンによって殺された妻の写真が出てきた時点でフラグが立っていたとは……。

オーライザーの能力でパワーアップしたダブルオー。粒子放出量の影響で人間の能力も変化!? 「ガンダムW」でのゼロシステムを思い出しました。破壊の意思に支配された刹那はいつか暴走してしまうのでしょうか。そして、“戦場の声が聴こえる”はまさにニュータイプの能力! ここで沙慈とルイスが再会してしまうとは……このシーンは「ガンダムSEED」でキラがフレイの死ぬ間際に再会したシーンを彷彿しました。

次回予告でアンドレイとルイスが無事に帰還していたことから、刹那に破壊されずにすみそうですが、イノベイターのブリングは果たして!? 一矢報いるまてでまだ死にはしないでしょうが……。

それにしても戦術的に不利に追い込まれても、ガンダムの機体で打開されてはカティもなす術がないですよね。いかにガンダムの機体性能を発揮させずに動きを止めることができるか。
その意味ではオーライザーの登場までは完璧だったと言えるでしょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック