「マリア様がみてる」4thシーズン

【タイトル】「ハートの鍵穴」
作  画  :10(初めて髪を下ろした瞳子とその素顔)
ストーリー :10(瞳子の出生の秘密と大きな誤解)
演  出  :10(ツン泣きの瞳子を見事に演出)
百合度   :9(瞳子を守りたい高城と瞳子を救った乃梨子)
======================================================
【批評・感想】
瞳子の心情を中心に、仮面の剥がれた本当の瞳子を描いている。
瞳子は祐巳が好き。祐巳も瞳子が好き。なのに傷ついていく2人。
瞳子が選挙でわざと負けた理由を把握していた高城。乃梨子も瞳子祐巳も気づけなかった瞳子の真意を理解しているのは流石である。与えられるだけの想いをよしとしない瞳子が、高城からのスールの申し出を受けないことは明白であったが、祐巳が好きだからこそ、距離をおかなければならないとする瞳子の孤独さが痛々しい。
祐巳の想いは真っ直ぐなものであった。
瞳子は、祐巳が瞳子の事がどれだけ好きなのかが分からないでいる。相手を信じたいとする想いに壁をつくり、本質を隠した仮面をつけているのである。
祐巳が出した答えは、その仮面も含めて瞳子を好きになることであった。
しかし、瞳子はそのまっすぐな想いを信じれなかった。きっと今まで祐巳のような人と出会った事がなかったのであろう。初めて祐巳を見た時に感じた恐怖感は、自分が認められない人柄のせいであったのであろう。
だから祐巳の事が理解できず拒絶したのである。

拒絶していくことで自分を正当化してきた瞳子の本当の素顔はとても臆病で弱い少女……そして人の痛みを誰よりも知ってる少女であった。
祐巳をどれだけ苦しめていたかを知った瞳子であるが、逃げずに向かい合って欲しいところである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年03月22日 03:44
はじめして、HINAKAと申します。

聖羅夢様(「せいらむ」様とお読みすれば、宜しいのでしょうか?)

拙ブログ記事に、トラック・バックをありがとうございました。
お返しと言っては何ですが、こちらのTBを置かせていただきました。

「マリア様がみてる・4thシーズン・第11話に関して、要領よく分かりやすくまとめてある記事を、読ませていただきました。
完全に余計なお世話だとは思いますが、「乃梨子も瞳子も気づけなかった瞳子の真意を理解しているのは流石である。」という部分の最初の瞳子は、〈祐巳〉では無いでしょうか?間違っていたら、済みません。
ついでに、演劇部長の瞳子の生徒会役員選挙立候補の理由は、少し弱いと思います。

瞳子は、祐巳の当選が公正な選挙結果によるものだと言う事実を、作り出したかったのではないでしょうか?
投票結果発表の時、乃梨子と祐巳だけはそれに気付いたのだと、個人的には考えております。
蛇足的な長文を、お詫び致します。

今回はこれで、失礼させていただきます。

kazu
2009年03月22日 04:41
TBありがとうございます。
>瞳子はそのまっすぐな想いを信じれなかった
祐巳は天然さんと思えるほどピュアで真っ白な性格なんでしょうね。頭のいい瞳子には何か計算しているのではないかと疑念を思わせてしまっていたのでしょうね。
瞳子も本当の自分の気持ちをさらけ出して祐巳と向き合ってほしいです。

聖羅夢
2009年03月22日 11:14
HINAKA様コメントありがとうございます。
聖羅夢(ひじりらむ)と申します。
ご指摘ありがとうございました。早速訂正いたしております。
HINAKA様の詳細に考察・分析された解説は、とても分かり易かったです。とても勉強になりました。
聖羅夢
2009年03月22日 11:18
kazu様いつもコメントありがとうございます。
瞳子の気持ちが視聴者側に伝わりましたからね。
瞳子を応援してあげたいと思います。

この記事へのトラックバック