エルルゥの小部屋INうたわれるもの 第05回 解説コーナー

【放送日】2009年6月11日
【パーソナリティ】柚木涼香(エルルゥ役)
【ゲスト】大原さやか(ウルトリィ役)
【オープニング】エルルゥ「皆様こんにちは。エルルゥです。今回もエルルゥ……ふふ(笑)……エルルゥの小部屋に遊びに来て下さってありがとうございます。この小部屋では、私達が住むトゥスクルの情報をお伝えしていきますので、楽しみにしていて下さいね」
トントン
エルルゥ「あら、誰かいらしたみたいですね。ちょっと失礼しまーす」

涼香「皆様こんにちは、エルルゥを演じています柚木涼香です。そして今日、遊びに来て下さったのは、この方です!」
さやか「ウルトリィ役の大原さやかです。よろしくお願いします」
涼香「よろしくお願いします。ごめんなさい最初から」
さやか「オープニングかみ過ぎでしょ柚姉(笑)」
涼香「ほんとすいません」
さやか「皆様には綺麗に編集されたものを聴いてらっしゃると思いますけどね」
涼香「コピペでさらりと、美しい普通のオープニングになっていると思います」
さやか「そうです。コピペって素晴らしい」

OVA一巻では主役のヒロインとなるウルトリィ役の大原さやかさんこと愛称“さあや”が遂にゲスト登場! カルラ役の田中敦子さんこと“あっちゃん”のゲスト出演が実現したことで、さあやの登場は約束されたも同然であった。【オープニング】の裏側で早速ハプニングが起きており、本番前の雑談で思い出し笑いに耐えていた柚ちゃんのカミカミトークであったのが、コピペできれいに編集されたのであった。

涼香「ウルトリィが今となってはすごい偉い、一番偉い人でしょ?」
さやか「そうですね」
涼香「だから、なんかその事言ってたらなんか(笑)」
さやか「あれ? 面白いそれ? ごめんツボが分からない。頑張る」
涼香「今まで告知の時に、“力也さんとさあやちゃんがよろしくやってるオーディオコメンタリー”とか言っちゃってたけど、本人がきたーと思って(笑)」
さやか「来ましたよ~」

1人で笑い続けている柚ちゃんに戸惑うさあや。番組の流れがまだ掴めない為、柚ちゃんの仕切り直しを待つことになるのであった。

涼香「まさに主役でしたが、今回の見所や印象などは?」
さやか「見所はもういっぱい●(剣戟音)●あれ?」
涼香「●(剣戟音)●
さやか「このラジオさあ、シモネタ禁止じゃないの!?」
涼香「禁止ですよ! “キンキンキン”ってはいりますから」
さやか「なるほどね、清いラジオですものね」
涼香「●(剣戟音)●って言っただけで」
さやか「あははは」
涼香「●(剣戟音)●言っただけではいりますから」
さやか「日高さんが大変だね。撃沈してるよ、ほら向こうで。頑張れ日高さん」
涼香「昔の『うたらじ』と違いますから」

浪川さんでさえ●(剣戟音)●は1回のみでシモネタを自重していたのだが、柚ちゃん大暴走で連発発言。OVAの見所に危ない発言が多々あったものと思われるが、昔の『うたらじ』と違い清く公明正大品行公正ラジオを目指していた力ちゃんがいないエルルゥの小部屋では、いつエルルゥが暴走してしまうか分からない危険なラジオなのではないだろうか……。

さやか「元々エピソードとしては、『散り行く者への子守唄』っていうPS2で出た所にはいってた赤ん坊とウルトのエピソードがそのまま映像化されたっていう事なんですけど、でもね、思ったよりも、絵で見せる作品になってたかなぁと思って」
涼香「(笑)」
さやか「え? 何が可笑しい? 笑うとこ今の?」
涼香「いや(笑)。いや、うん。絵で魅せる。そう、ふはぁはははは」
さやか「おーい! 誰かー」
涼香「いや、間違ってない間違ってない。私もさあやちゃんも間違ってない(笑)」
さやか「みなさん気にしないで下さいね」

さあやと柚ちゃんとで解釈の違いがあるのは明らか(笑)。絵で魅せる柚ちゃんの主張は魅惑のサービスシーンを視聴者にみせることであろうか? さあやの解釈はゲーム版の時よりも台詞で状況や気持ちを説明するのが少なくて、映像でキャラの気持ちを表現しており、作画の方で情が豊かに描いていることであった。アフレコ現場では、さあやが涙を流しながら収録していたのを柚ちゃん達が見守っており、OVAでのウルトリィの描写は注目である。

涼香「幸いなことにメンバーも集って」
さやか「そうなんです。今回全員ね、出てる」
涼香「大体ね、単発になっちゃうとみんなスケジュールが合わないとかで、別録りになっちゃう人がけっこう出てきたりするものなんですけど、うたわれは“がぁー”と集ることが」
さやか「まぁ“珍獣”以外で」
涼香「……あー」
さやか「彼がいなかったって事すら憶えてない?(笑)」
涼香「まぁ……そう。そう! そうです」

“珍獣”といえば浪川さんの事である。柚ちゃんは浪川さんの価値が下がってきていることを指摘しているが、うたわれメンバーの中では珍獣扱いは変わっていないのであった。

涼香「今回赤ちゃんにすごく入れ込んでいたウルトリィですが、もしさあやちゃんが、自分に子供ができたら、何かやらしたい事とか?」
さやか「子供に? んーどうかな~。私まずね、結婚願望がないんですよ」
涼香「えー!」
さやか「子供を持ちたい願望もあんまないんですよ。だからこうゆう質問すごい新鮮、一度もされたことがなかったから(笑)。どーかな? そうゆうのあります?」
涼香「……ないですね。なんか勝手に生きてくれればいいかなあ(笑)」
さやか「自分の興味持った事とか、自分が好きって思った事を一個一個大事にしていってくれれば、いいかなあって思うんで」
涼香「一緒に、さあやちゃんだったら京都に連れていきたいとか、連れてって旅行したいとか」
さやか「そうですね。ある程度その子が大きくなったらかな。例えば二十歳超えたりとか、自分で仕事を始めて、稼ぐようになったら。自分の生活を自分で賄えるようになった時に、私の好きも共有してもらえたら嬉しいかなと思ってるけど、それまで別に口を出そうとは思わないですね」

仕事で多忙なスケジュールをこなすさあやはまだまだお仕事優先であった。理想の結婚相手に力ちゃんの名前が出なかったのは、暗黙の了解があったからであろうか?
『うたわれるもの PORTABLE』が発売となり、リスナー様からも購入報告のメールが寄せられる。発売前の告知ではなかった特典物の内容であったのだが、『特製トランプ』の絵柄が凄いらしい(笑)。ベナウィ・ドリグラ・オボロらの入浴シーンもあり、あらゆる人のニーズに応える内容となっているようだ。
『うたわれるもの PORTABLE』でのエルルゥの活躍なのだが……

涼香「エルルゥっておっぱい小ちゃいでしょ?」
さやか「他の人に比べるとね。他が大っきいからね」
涼香「だからね、元々エロゲ原作の作品では活躍できない……」
さあや「そうなの? ほら、そうゆう好みの人もいるじゃない? そうゆう人もいれば(笑)」

『らき☆すた』での名言にもあるように、貧乳だからといって挫けてはいけない。
逆に柚姉から見ると、ウルトリィは完璧すぎてレベルがあまりにも高い、高嶺の花的な存在の為、近寄りがたいイメージであった。

涼香「さあやちゃんも黙ってるとすごいそうゆう感が」
さやか「“黙ってると”って(笑)ほんとに柚姉は、黙ってちょんと座っているとなんて可愛らしい」
涼香「じゃあ黙ってる」
さやか「やめてやめて! 一応これ『エルルゥの小部屋』だから、喋って」
涼香「私、よく“喋るな”って言われるけど」
さやか「でも喋ってると意外と姉御肌だったり、すっごい可愛らしい乙女な感じするからさあ、なんかギャップ萌えって言うんですか? すごい素敵だなあと思うんですけど」
涼香「さあやちゃんはなんかまんまな……清楚なとか、古風だとか」
さやか「あ~言われるんだよね」
涼香「この現代においてはとても貴重な」
さやか「大和撫子みたいな?」
涼香「あ、そうそう! そうなの!」

結論はお2人とも素敵な女性であるということで! 

【トゥスクル戦略会議】
このコーナーではもしあなたが何かをすることになった時、うたわれるもののキャラクターから誰を選ぶかを投票してもらうコーナーである。
今回のお題は、『うたわれるものキャラクターで悩みを相談するなら誰?』であった。

涼香「さあやちゃんだったら誰に何を相談したいですか?」
さやか「うたわれのメンバー? うたわれの声優のメンバー?」
涼香「それどっちでもいいと思います」
さやか「私、年上かなってちょっと最初思ったんですけど、でも沢城みゆきちゃんかもしれないなあとちょっと思いました」
涼香「あえて年下?」
さやか「彼女すごく頭の回転が速いし、随分早くからお仕事してるので色んな物事の洞察力が優れていて、普通に会話しててもはっとさせられる事が多い。年下だけれども尊敬する友達というか、相談相手としても彼女はぴったりかなあ。あと敦子さんとかね。お姉さまに」
涼香「お姉さまに(笑)。私もそうかなやっぱり。キャラクターだったら、ウルトなりカルラなりとか。アルルゥはちょっと困りますけど、沢城みゆきちゃんはいいですけど、アルルゥだとちょっと心配」

リスナー様からの投票で多かったのがトゥスクル婆さん。人生の先輩で知恵袋的な存在でもあっただけに、相談者には最適であった。エルルゥへの投票もあり、身の回りの事ができているしっかり者で親身になってくれる優しさがあることが評価されている。意外なのがウルトリィへの投票が少なかったこと。あまりにも崇高な存在で近寄り難いのではと分析する柚ちゃん。

さやか「そうゆう人って孤独なんだよ」
涼香「そうかも。スターは孤独だって言いますよね……あ、だからトゥスクルに住んでるのウルトリィ?」
さやか「ああ、そうかも」
涼香「すっごい人なのに普通にみんなと生活してるでしょ?」
さやか「ほんとはそれが欲しいのかもね。実は寂しい人、ウルトって?」
涼香「ウルトさんは優しいし、赤ちゃん大事にするし」
さやか「まあーねー。ああゆう風にさあ、万人に優しく、万人を受け入れてみたいな人でずーと生きてきちゃったからこそ、フミルィルっていう熱い命の塊がわぁーと自分の胸に飛び込んできた時に、思わず執着……生まれて初めて知ってしまったんじゃないかな」

ウルトリィの人間的な強い母性愛が描かれたOVAであるので是非観て欲しい。製品紹介から購入意欲を掻き立てる流れにもっていくのはさすがさあやと柚ちゃんである。
次回のお題は『うたわれるメンバーの中で最も先生に向いているのは誰?』。誰に何の授業を教えてもらいたいかを募集することに。
さあやのイメージではクロウは体育の先生。柚ちゃんのイメージではハクオロやベナウィ、ウルトらであった。

涼香「だってオボロとかねぇ~」
さやか「(笑)オボロの扱い何気に酷いですよね? このラジオ(笑)」
涼香「そうなの。前も浪川さんとお話してる時に、『オボロ』っていうワードが出てすごい懐かしい(笑)」 
さやか「私も思っちゃった。懐かしいって」
涼香「なんか可哀想なので、なんとかオボロもね、この番組でちょっと盛り上げていこうかな」

帽子の愛称の桐井大介さんがゲストに呼ばれるかどうかであるが、浪川さんの時といい男性ゲストに対しては応対が厳しいエルルゥの小部屋であった。

【インフォメーション】
このお時間は『OVA うたわれるもの』をはじめ色々な告知をするコーナーである。
『OVA うたわれるもの』第一巻 望楼の子守唄の発売が6月24日に。DVDとブルーレイとでは特典が違うので思案のしどころ。DVDには映像特典として幼い頃のカルラとウルトリィの出会いを描いたピクチャードラマ。このジャケットに描かれている幼き日のカルラとウルトリィの可愛さは必見! さらに音声特典として小山力也さんと大原さやかさんがよろしくやってるオーディオコメンタリーが収録されている。

涼香「これ実際どんな感じなんですか?」
さやか「いや、いい雰囲気でやらせて」
涼香「よろしくやってる感じ?」
さやか「よろしくやりました~♪」
涼香「あっちこっちでやってますよね? うたわれ以外で?」
さやか「(苦笑)まあ、あっちこっちで、はい」
涼香「なんか力也さんは、力也さんでも、さあやちゃん以外でもね……力也さんはあっちこっちでよろしくやりすぎなんですよ、あの人!」
さやか「はい! 続きをどうぞ」

さやあとよろしくやってる『Fate/Zero -ラジオマテリアル』や他でよろしくやってる「あかね色に染まる坂」の『あかラジ』など、『うたわれるものらじお』のパーソナリティ以降、ラジオ番組の常連となっている力ちゃんの番組をチェックしている柚ちゃんであった。
ブルーレイは甘露樹描き下ろしの全三巻収納ボックスと特製原画集の特典付き。厚みがあって豪華な原画集となっている。
さらにDreamParty大阪のブース出展、カラオケパセラとのタイアップキャンペーン実施中の告知など。

【エンディング】
涼香「さて、私のお部屋、寛いで……いただけませんでしたね(苦笑)」
さやか「いや、楽しかったですよ~」
涼香「あのなんか、収録前に雑談をし過ぎて、楽しくなっちゃって、すいませんでした」
さやか「正直ね、どうなるかなって緊張してたんですけど、始まってしまうとこんなに楽しいとは。柚姉とこうやってラジオで2人でお話するの初めてじゃない?」
涼香「あ、そうだ!」
さやか「なのにあんまり初めての感じもせず、さすが柚姉」
涼香「いやいやいや。さすがさあや!」
2人「(笑)」

さぁやからの活動告知は特になしだが、情報は公認サイト『大原省』でチェックを。第3回放送での柚ちゃんからの告知で、安城市のプラネタリウムが紹介されたのだが、早速見に行ってくれたリスナー様からの感想メールがたくさん届いており感激する柚姉。大人50円で観れるブラネタリウムを今回も宣伝するのであった。

涼香「そして、次回も……二本録りじゃないのに!」
さやか「あははは。言っちゃった」
涼香「大原さあやちゃんが遊びに来てくれますので、よろしくお願いします」
さやか「よろしくお願いしまーす!」
涼香「それでは今回はここまでとなります。お相手は、エルルゥ役柚木涼香と」
さやか「ウルトリィ役大原さやかでした」
涼香「あっ、いい声で♪ それでは皆さん、また私のお部屋に遊びにきて下さいね」
2人「ばいばーい」
涼香「エルルゥの小部屋……はぁ、なんか思い出しちゃうのね。失敗した事を思い出しちゃうの。心のどこかで“コピペでいいじゃん”と叫んでいる自分がいたりして。でも“またやるのかよ”とか……やりますよ! はい、……エルルゥの……違う(笑)。エルルゥの小部屋IN……ん? エルルゥの小部屋INうたわれるもの。この番組はOVAうたわれるもの製作委員会がお送りいたしました」

【名言】「力也さんとさあやちゃんがよろしくやってるオーディオコメンタリー」(涼香)
【総評】放送時間31:49の番組であったが、今回の放送は日高さんの編集作業の賜物によるであろう。思い出し笑いで噛みまくっている柚姉のトークであったのだが、終始笑いが絶えない明るい雰囲気となっていた。作品への思い入れを真剣に語るさあやはウルトリィの気持ちがこもったもので、うたわれのキャラ=うたわれ声優のイメージとして観る事ができる。商品を購入するならブルーレイ派でもDVD版を購入したくなりましたよね? 宣伝番組としてはきれいにまとまった内容であった。



OVA うたわれるもの 第一巻【Blu-rayDisc Video】
楽天ブックス
声優:小山力也(KOYAMA RIKIYA)/柚木涼香(YUZUKI RYOKA)/沢城みゆき(SA


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック