ひだまりスケッチ×☆☆☆ #1感想

「2月27日~3月4日 真っ赤点」
キャラ紹介を兼ねたアバンタイトル。うめ先生を先頭に、ゆの、宮子、ヒロ、沙英とお馴染みの日常に和みを感じる。
シャフト効果があってもゆったりマイペースな作風は安心して観ていられる。
蒲鉾を英語で!? ……答えはうめ先生が答えてくれましたね。“fish cake”。
ひだまり荘の団結力でゆのをサポート。オチは追試勉強のおかげで英単語の発音が上達したゆの。テスト勉強法がすっかり日常生活の一部となりました。

「4月1日・3日 ようこそひだまり荘へ」
一大ニュース! ~ひだまり荘がうまる!?~
沙英の大胆告白! 砂糖菓子みたいな女の子って褒め言葉!? しかし! ヒロと沙英にはこれで充分通じるのです♪ このほのぼの感がいいですね。

そして遂に新一年生の乃莉となずなが登場! 
これからひだまり色に染まっていくのでしょうね(笑)。

A&Bパート共にゆの視点。ゆののお風呂シーンは前シリーズに比べて透明度アップ?
先輩となるゆのの成長ぶりに期待です。

できるかなって☆☆☆
ランティス
2010-01-27
宮子(水橋かおり),ヒロ(後藤邑子),沙英(新谷良子) ゆの(阿澄佳奈)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ひだまりスケッチ (5) (まんがタイムKRコミックス)
芳文社
2010-03-27
蒼樹 うめ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック