ひだまりスケッチ×☆☆☆ #4感想

「4月15日 日当たり良好」
【乃莉視点】
夏目は相変らず可愛さ健在でしたが、本妻のヒロが登場すると勝ち目なしなのが可哀相。
ゆのを×で表現するのは髪留めの形と一緒なので分かり易い。
美術科共通の話題のないなずなが寂しそう。乃莉はゆのや宮子らとも気兼ねなく話しているのに対し、なずなは遠慮がちな物言いで、距離を感じる。けれど、乃莉がなずなの手を引っ張って輪の中に迎えていった印象を受ける。カーテン選びでなずなの意見を聞き、賛同したことにも心温まる安堵感を感じさせるのであった。
ひだまり荘の外でも一緒にいるのが当たり前の住人達であったから、乃莉がなずなと一緒でないことに違和感を感じさせた冒頭の学食シーンが、後半の夕食会で絶妙の伏線となってなづなを迎えている。ゆの、宮子、ヒロ、沙英ではなく、乃莉が手を差し伸べてなずなを励ましたことに、新キャラながら損゛いの大きさを感じさせるのであった。
乃莉となずなが加わり一家団欒度が高まった夕食シーンは感動! 
そして極めつけは乃莉となずなが加わったED絵画! 2人の縮まった距離と笑顔で温かく迎えるゆの、宮子、ヒロ、沙英。これぞひだまり魂!! ともいうべき最高のEDとなったのである。
各話ごとに変化をつけていく効果がとても感慨深い。

さくらさくら咲く~あの日君を待つ 空と同じで~
ランティス
2010-02-10
marble

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック