キディ・ガーランド解説の部屋#23 ~ぢゃっぢゃ~ん!とぽきゅ~ん☆~

タイトル:#23 とまらない想い

【主な登場人物】
准ESメンバー:アスクール
准ESメンバー:ク・フィーユ
准ESメンバー:ディア
タマ

ESメンバー:トゥイードゥルディ
ESメンバー:トゥイードゥルダム
ESメンバー:アンオウ
ESメンバー:エイオウ

ESメンバー:エクレール
ESメンバー:リュミエール
GTO局長:イヴェール
秘書:ゾマ


シャドウワーカー:リトゥーシャ
シャドウワーカー:パウーク
シャドウワーカー:トーチ
シャドウワーカー:シェイド
Gソサエティ総帥:ガクトエル

ガクトエルの野望は復讐する権利を行使しているだけ……。
一族から異端児とされ捨てられたガクトエルであるが、リュミエールやドゥルダム姉弟もかつては自身の《特殊能力》故に、純血の一族から認められず命を消されそうになった経歴がある。
エクレールというパートナーとの出会いによって支えられたリュミエール、姉弟の絆があったからこそ生き延びてきたドゥルダム姉弟と違い、心が癒されることのなかったガクトエルの生き方は対照的である。
ますます痛い方へと病んでいくガクトエルの豹変ぶりは、銀河系レベルの大犯罪者としての器に疑問を抱かせることとなるのだった。

ガクトエルの両性具有的な身体の秘密について初めて明らかにされたのだが、補足的な解説は小説版で書き足されるはず。現在発売されている『小説版キディー・ガーランド(1)L3』ではアニメ本編では明らかにされなかった裏設定が明らかにされており、互いにリンクして物語の全貌が理解できるギミックを仕掛けているからだ。(かつてのESメンバーであったヴァイオラやシニストラ達が、どうなったのかも小説版で明らかにされている)
ガクトエルが攻撃に使用した赤薔薇は体内の分子機械を暴走させ、体内の内部から死滅させる殺人ツールであったことも小説版で解説されている。

今話で注目する点は、エクレール&リュミエールと出会うアスクール&ク・フィーユであろう。
アスクールの“ぽきゅ~ん☆”は、エクレールにも新鮮だったようで(笑)。先輩と後輩との掛け合いに思わずニヤニヤ。あくまでサブヒロインとして描かれているエクレールとリュミエールである為、最終話での見せ場はアスクールに委ねられた。

二転三転のストーリー展開は楽しめるのだが、ご都合主義的な流れも感じてしまう。
艦隊戦や能力者同士のアクションシーンで盛り上がりが乏しいのだが、全力全開のラストバトルに期待したい。

【似たもの同士?】
トゥイードゥルダム「この事件が終ったら、呼び捨てでも許してやる」
リトゥーシャ「約束よ! 絶対無事に戻ってこなきゃ百万倍許さないんだから!!」
優しくできずツンツンしちゃってるところが可愛いですね。


キディ・ガーランド (1)L3 Legacy Little Lady (角川スニーカー文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
きむら ひでふみ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



キディ・ガーランド ED主題歌 Ver.1 太陽と月
ランティス
2009-12-09
アスクール(内田彩)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

秘密です
2010年03月27日 06:28
やはりGONZOの衰退が大きかった。長年付き合いのあるあの会社なら今作もしっかりフォロー出来たはず。
その上、後釜のアスリードまで例の作品に取られるわ、ハルヒ等のヒットで企画Pだった伊藤さんがそっちに重点を置ちゃうわ、色々可哀想な作品だった。この1年で代表作2つの評判を落とされた上、ハルヒ劇場版の主役枠を茅原さんに取られた平野綾さんぐらい不幸。(えっ
聖羅夢
2010年03月27日 14:07
>秘密です様コメントありがとうございます。
ブログの更新が止まっている後藤監督も心配です。
Webラジオで放送中の内田さん、合田さん、白石さんは元気ですね。ゲストに他のレギュラー陣が出演されなてないのが残念ですが……。
作品が評価されるのはDVDやブルーレイの売れ行き次第?
視聴者が心に残る作品であったなら、良しとしたいですね。

この記事へのトラックバック

  • KIDDY GiRL-AND キディ・ガーランドファンページ

    Excerpt: 2009年10月15日より放送スタートとなる「キディ・ガーランド」を記念して、新たにファンコーナーを新設致します。 総合的な案内をまとめていくと共に各話の解説にも臨んでいきたいと思います。 キディ.. Weblog: サイネリア~わたしのひとりごと~ racked: 2010-03-26 23:42
  • キディ・ガーランド #23

    Excerpt: 【とまらない想い】 キディ・ガーランド 第1巻 限定版 [DVD]出演:内田彩販売元:角川書店発売日:2010-02-05おすすめ度:クチコミを見る 今度は私が世界を否定する番だ!  Weblog: 桜詩~SAKURAUTA~ racked: 2010-03-27 00:03
  • キディ・ガーランド 第23話 「とまらない想い」

    Excerpt:  ぢゃっぢゃーんとぽっきゅーんの共演。 Weblog: つれづれ racked: 2010-03-27 00:14
  • KIDDY GiRL-AND #23「とまらない想い」

    Excerpt: 艦隊戦がしょぼいのは今更なんでもういいです・・・というかできないことをそんな無理して描かなくてもいいのに。 ガクトエルって特殊能力持ちだけじゃなくて両性具有なんですね。そんな彼を忌避して研究所送りに.. Weblog: ボヘミアンな京都住まい racked: 2010-03-27 00:47
  • キディ・ガーランド 第23話「とまらない想い」

    Excerpt: 爆発を止めるために・・・ Weblog: 記憶のかけら*Next racked: 2010-03-27 01:14
  • ■KIDDY GiRL-AND【#23】とまらない想い

    Excerpt: キディ・ガーランド #23の視聴感想です。 復讐者。 拘束。 再凍結。 ワープ。 狡猾。 かつて、世界が私を否定しようとした。 ↑さぁポチッとな Weblog: 此方彼方何方-コナタカナタドナタ- racked: 2010-03-27 02:02
  • KIDDY GiRL-AND(キディ・ガーランド) #24(最終回)「いつまでも一緒」

    Excerpt: アズランティア=銀河爆弾をアイネイアースへ落とそうとするガクトエル。Gソサエティに捕らえられたク・フィーユを助けるためにミストラルで駆けつけるアスクール。力が戻っていればテレポートで一瞬だったのですが.. Weblog: 無限回廊幻想記譚 racked: 2010-03-27 02:06
  • キディ・ガーランド 第23話「とまらない想い」

    Excerpt: 形勢が二転三転、戦闘シーンはSFアニメらしい迫力で見ごたえがありました。 惜しむらくはガクトエルが大それたことをやらかそうとしている反面、 その理由が「復讐のため」というスケールの小ささ。 一気.. Weblog: のらりんクロッキー racked: 2010-03-27 15:36
  • KIDDY GiRL-AND 第23話 「とまらない想い」 感想

    Excerpt: なぜク・フィーユには"記憶によれば"以外の決め台詞的な口癖を用意しなかったのでしょうか。 …というのはさておき、いよいよ物語は大詰めで�... Weblog: Little Colors racked: 2010-03-27 16:47
  • キディ・ガーランド 第23話 「とまらない想い」

    Excerpt: キディ・ガーランド (1)L3 Legacy Little Lady (角川スニーカー文庫)先週待ちに待った2人が登場し、 ついにあの名言を頂戴しました!!! Weblog: 明善的な見方 racked: 2010-03-27 21:44
  • 『キディ・ガーランド』 第23話 観ました

    Excerpt: 前回の終わりに前作のヒロイン、エクレールとリュミエールが登場。 今回、彼女たちにどれだけ出番があるのか激しく気になりますね。 時間と空間を操る能力者、それがアスクールとク・フィーユ。 彼女たちが今ま.. Weblog: 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋 racked: 2010-03-30 22:40
  • ◎キディ・ガーランド#23とまらない想い

    Excerpt: 時間が流れ出す。エクレールたちは、力を使い果たしてるためまずい状況。アスクールとクフィーユが止めにいくことに。アスクールが戦艦でむかってると、凍ってたGTOの艦隊が助けに来... Weblog: ぺろぺろキャンディー racked: 2010-06-16 09:55