魔法少女リリカルなのはViVid第10話 ~覇王の想い・アインハルトの想い~

サイネリアの聖羅夢です。魔法少女リリカルなのは第4期がついに始動!
その考察・批評・解説です。
シリーズ第4期「魔法少女リリカルなのはViVid」

タイトル:Memory;10☆「望んだ強さ」

【登場人物】
高町ヴィヴィオ
アインハルト・ストラトス

ルーテシア・アルピーノ
コロナ・ティミル
リオ・ウェズリー

ノーヴェ・ナカジマ

高町なのは
フェイト・T・ハラオウン
スバル・ナカジマ
ティアナ・ランスター
エリオ・モンディアル
キャロ・ル・ルシエ

メガーヌ・アルピーノ
セイン

【クラウスとオリヴィエ】
『シュトゥラの覇王』と呼ばれたクラウス・G・S・イングヴァルトと『最後のゆりかごの聖王』となるオリヴィエ・ゼーゲブレヒト。2人の出会いは聖王家とシュトゥラとの国交事情によるものであった。アインハルトがオリヴィエとの楽しくて幸せだった記憶を受け継いでいたことからも、生涯の記憶の中で決して忘れる事ができない程の想いであったことが分かる。

オリヴィエ亡き後に、武の道に没頭し覇王としての力を手に入れたクラウスであるが、オリヴィエが望んでいたのは、“天地に覇をもって和を成す”ことだったのであろうか?
第7話でアインハルトが見たオリヴィエとの別れの記憶であるが、オリヴィエの願いは国民とともに生きる王になって欲しかったのでないだろうか。戦のない青空と綺麗な花がいつでも見られる国をつくって欲しかったはずである。クラウスは自身の弱さが許せなかった為に、覇の道で戦を終らす方法をとったのであった。オリヴィエは、自分がゆりかごによっ多くの人命を奪うことになることを知っていた。だから、自分にはなることができない良き王としての生き方をリラウスに託したのではないだろうか。常に戦いの中に身をおいていたクラウスは、その想いに気づかず短い生涯を終えることとなったのである。

【ヴィヴィオとアインハルトの出生について】
古代ベルカ王族の関係者である2人なのだが、一般人であるコロナとリオにまで秘密を明かしているようだが、機密事項に抵触しないのだろうか。JS事件で利用されたことからも、ヴィヴィオやアインハルトの存在が公にされると、犯罪に利用される可能性が大きくなるであろうし、聖王教会としても貴重な存在であり、常に監視下におかれ保護対象とされてしかるべきである。

クラウスとオリヴィエの関係についての諸説についても、アインハルトの証言により歴史の事実が明らかになるわけで、歴史研究家達にとってはまたとない研究対象になることであろう。ごくごく限られた者しか知らされていないはずであることから、コロナとリオは、それだけ信用された親友達でもあるのだ。

【受け継いだ悲願】
アインハルトがヴィヴィオに語った自身の記憶は、かつてノーヴェに打明けた事でもあった。本当の強さを求め続けるアインハルトであるが、果してヴィヴィオはオリヴィエがクラウスに伝えたかった本当の想いを伝えることができるであろうか。

ヴィヴィオを気遣うアインハルトであるが、表情と心情のギャップの差を上手く描写している。ヴィヴィオを喜ばせる話題が何も思いつかず、内心オロオロしているアインハルトにギャップ萌えである。

【スターズ全開!】
機動六課の模擬戦練習を彷彿させる。かつてコンビを組んでいたスバルとティアナのコンビネーションは健在。次元の違うトレーニングを見たアインハルトの驚きから、実力の違いを感じさせる。アインハルトにどれだけの魔力と魔法運用ができるのか不明であるが、なのはやフェイトから指導を受ければさらに強くなるものと思われる。

【一言&重箱の隅つつき】
キャロのバリアジャケットであるが、『サウンドステージⅩ』ではなかったキャロ帽が復活。機動六課時代の仕様に戻っている。最近めっきりなくなったパンチラシーンであるが、セインが画策している温泉サプライズに乞う期待! 

魔法少女リリカルなのはViVid (1) (角川コミックス・エース 169-2)
角川書店(角川グループパブリッシング)
藤真 拓哉

ユーザレビュー:
世代交代主人公はなの ...
それは癒しと言う名の ...
二人の少女の出会いの ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

しとらす
2010年03月03日 01:47
こんばんは。『ボヘミアンな京都住まい』のしとらすと申します。TBでお世話になってます。

>オリヴィエは、自分がゆりかごによって・・・
あぁ、確かにそうですね。自分は“ゆりかご”の宿命から逃れられないし、ならば姉弟のように慕っていたクラウスに代わりに自分の望む世を作ってほしかったのだと。クラウスがそこまで思考が至らなかったのか、それともまずはともかく戦乱を収めてからでないとと思ったけれどもそれすら叶わなかったのか、そこまではわかりませんけど。

>次元の違うトレーニングを見たアインハルトの驚き
上には上がいることを思い知らされた彼女、でも性格は素直そうで根が良い子だし、なのは達と接する中でこの時代での覇王流の活かし方を見つけれくれれば、と思いますが、都築さんがどう考えてるのか?

>セインが画策している温泉サプライズ
エリオが犠牲になりそうな気がするのは私だけですかねぇ?(笑)

ところで、最近人並み?に拙サイトにも相互リンクの欄を設けまして、よくTBの交換などさせていただいてる方に少しずつ声をかけているところなんですが、聖羅夢さんのサイトでもいかがでしょうか?と思ったしだいです。

創作活動なんて大それたものは全くやってない拙サイトですが、よろしければ相互リンクをお願いできないでしょうか?
聖羅夢
2010年03月03日 22:13
>しとらす様
コメントありがとうございます。こちらもTBでお世話になっております。今回はアインハルトの性格が素敵に描かれておりましたね。
相互リンクサイトの件、了承です。早速リンクいたしましたのでこれからもよろしくお願いします。
しとらす
2010年03月04日 01:20
>聖羅夢様
こんばんは。
こちらこそ、どうもありがとうございます。
私の方からもこちらのブログにリンクさせていただきました。今後ともよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック