解禁! エルルゥの小部屋INうたわれるもの 特別編「ベナウィの小部屋」解説コーナー

【パーソナリティ】浪川大輔(ベナウィ役)
【ゲスト】小山力也(ハクオロ役) 柚木涼香(エルルゥ役)
【オープニング】
ベナウィ「皆様こんにちは。ベナウィです。今回は私の小部屋にお越しいただき、ありがとうございます。このお部屋では、私達のお悩みを……」
バンッ!
ハクオロ「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ……ベ、ベナウィ、ちょっとかくまってくれ!」
ベナウィ「聖上? どうされたのですか?」
エルルゥ「ハクオロさ~ん! ハクオロさ~ん! もうどこ行っちゃったんだろう?」
ベナウィ「ああ、またですか……」
エルルゥ「あ、ベナウィさん。ハクオロさん見ませんでしたか?」
ベナウィ「ああ、聖上ならここに」
ハクオロ「なぁ!? ベ、ベナウィ! おい、裏切り者!!」
エルルゥ「も~お~早く、こっちに来て下さ~い♪」
ハクオロ「おっととと! た、助けて! 助けてベナウィ! ベナウィ!! あ~!!!」
エルルゥ「いいですか(笑)? いいですか(笑)? ふふふ♪」
ベナウィ「今日も、平和ですね」

【フリートーク】
浪川「皆様こんにちは。ベナウィです。そして今日私の部屋に来て下さったのは、この方々です!」
力也「はい、皆様こんにちは、こんばんわ、お元気ですか? 『ベナウィの部屋』ようこそお越しくださいました。ははは、ようこそお招き頂きまして本当にありがとうございます。私はですね、あ、懐かしいなここね」
浪川「ちょ、名前名乗ってもらっていいですか?」
力也「いやいや、一応尺を稼がないと」
浪川「大丈夫です大丈夫です大丈夫です、全然大丈夫ですから……っ名乗れよ!」
力也「特典ですからね。1コーナーでいいんですか、普通?」
浪川「もうなんでバラすんですか? 1コーナーしかないことを」
力也「最近知りましたけど、いかにね、このコーナー本当にね打ち合わせが短いか、そしていかにね台本が薄いかということを」
浪川「そうですね。まだ来たばっかの回もありますからね。で、あなたのお名前は?」
力也「私はですね、いつも浪川さんがお世話になっております……あ、懐かしいねここね。なんかこうやってね、日高さんのお顔が見えるとドキドキしますね」
浪川「あ~そうですね」
力也「私はハクオロ役の小山力也でございます」
浪川「あ、どうもよろしくお願いします……長い!」
涼香「長ッ! 今日はベナウィさんのお部屋にお邪魔いたします。エルルゥ役柚木涼香です」

3人がラジオで揃うのは、『デスクトップキャラクターズ初回限定版特典CD』以来、実に3年ぶりのことである。

浪川「今日、僕ゲストって聞いて来たんですけど。台本……なんすか、これ?」
涼香「『ベナウィさんの……小部屋』になってますね」
浪川「これ『エルルゥさんの小部屋』ですよ、いつも」
涼香「そうなんです。多分日高さんが、『エルルゥの小部屋』にハクオロさんだけ招き入れるのは危険だと(笑)」
浪川「なになに? 俺、折衷案?」

ハクオロとエルルゥだけでの番組は危険と判断された為、スケジュールが空いている人物を探していたところ、ベナウィに白羽の矢が立ったのであった。
WEBラジオでハクオロさんがエルルゥの小部屋に来ないのも、こうした事情があったからなのであろう。

【OVA2巻の見所】
涼香「ハクオロさんのすごい顔」
力也「ハクオロさんはあまり出てなかったですよ。こんな事言うといけないのか」

オーディオコメンタリーの収録で完成版を観た柚姉の見所はハクオロの漫画ちっくな顔。また、第2巻のアフレコは力也さんと浪川さんだけ別録りであった為に知らされていなかったのだが、ムックル&ノポン役の下山さんを筆頭に音響組で企画した試みがあった。

涼香「みんな一人一回ずつ、イッちゃいました。作品中(笑)」
浪川「え? ちょ待て。“いく”っていう字がいっぱいあるんですよ」
力也「相変らず……」
涼香「え、カタカナ?」
浪川「なんでイッちゃったんすか? 一人一回順番に?」
涼香「順番に(笑)。第1巻の方は、わりと皆さん身体が見えたりするシーンがあったんですよね。でも、第2巻はそんなにないんですよ。サービスカットみたいなものがないので、音響チームで頑張っちゃう! ということで、みんなちょっと“んぅっ~”ってイッちゃいましたね」

呪文を唱えるシーンや連れ去られるシーンに仕掛けられているので要チェックである。

浪川「知らなかったですね」
涼香「楽しかったですよ」
浪川「楽しかったですか、みんなでイッて」
涼香「みんなでイッちゃいました♪ ハクオロさんと一緒にイキたかった」
力也「僕は……もう……」
涼香「ちゃんと喋って! ちゃんと喋って(笑)」
浪川「見所見所! 今回OVAの見所とか」
力也「ほとんど君と2人で喋ってたもんね」
涼香「じゃあ、2人の思い出を語って下さい。何してたんですか2人で?」
浪川「あの……仕事だろ。声を吹き込む。命を吹き込む事をやってたんだよ」
力也「そう、命を吹き込む事をやってたんです」
浪川「命をつくることじゃねえぞ!」
涼香「そんな事言ってない!(笑) そんな事言ってないじゃん~もう~」
浪川「駄目だ! なんか俺もう無理なような気がしてきた今日」
力也「あのね、仕事ね、なんでも引き受けりゃいいってもんじゃない」

進行役どころではない浪川さん。実は『ベナウィの小部屋』は打ち合わせ5分でスタートしており、全貌が見えないまま喋っているのであった。『エルルゥの小部屋』も打ち合わせ時間は同じくらい。基本30分番組であるが実際喋っている時間は1時間くらい。収録内容の半分はカットされ、さらに編集された番組が放送されているのであった。それでも●(剣戟音)●を入れて調整しているのだが、日高さんが大ヒットするか業界から消えてしまうかは『エルルゥの小部屋』次第なのである。

【どんなクリスマスを過ごしたいか】
OVA2巻の発売が12月23日発売ということもあり、浪川さんの思いつきでイヴの話題に。

-力也さんの場合-
浪川「力也さんなんかデートプランとかありそうですね?」
力也「いやーない。もうね、今からだと座るとこないよ」
浪川「……なに?」
涼香「座らなくてもお家でいいじゃないですか? 特等席ですよ」
力也「え!? 家はちょっと嫌ですよね~。家はだって逃げ場がないというか……」
浪川「え? 逃げ場がない?」
力也「やっぱり逃げ場を作っておかないと」
浪川「逃げ場を確保しながら過ごすってことですか?」
力也「やっぱり高いところに行きたいですね。景色の良いところに。高いところに行くとやっぱり気分も良くなって、それで見晴らしのいいところに行くと運勢も開けるんですって」
浪川&涼香「へぇ~」

-柚姉の場合-
涼香「コミケの準備に忙しいのがほんとなんだけど(笑)。クリスマスどころじゃない」
力也「なんかまた頑張って色々」
浪川「色々やってるらしいじゃないですか。出展とかしてるんですか。超パワフルですよね」
涼香「●(剣戟音)●」
浪川「もう~怖いな~。どうしよ? ほら日高君が仰け反いちゃってますよ」

『コミックマーケット77』12月31日サークル名『ゆずルゥの小部屋』での参加なのだが、サークル名が『エルルゥの小部屋』に近いタイトルになったのは、申込時期が夏のお盆の時期で締切が短く、『エルルゥの小部屋』の番組をした後であったことから、捩って適当につけた名前だったからであった。

浪川「それを知ってんの? アクアプラスの人とか」
涼香「最近知ったと思う(笑)」
浪川「パクられたって(笑)。相変らず面白い人ですね~。全然OVAの話が霞んでしまいましたけど、すっかり。じゃあ、そろそろコーナーにいきましょうか」

【二人絆チェック】
二つの箱(金箱と銀箱)から、それぞれ『うたわれるもの』キャラクターの名前が書かれた紙を引き、共通点を同時に答えて絆度をチェックする企画。五問中三問一致でご褒美進呈とのこと。

(一問目)
力也さんが引いたのは「ハクオロ」。
柚姉が引いたのは……

浪川「柚木さんこの穴に、そっと、そっとですよ」
涼香「あー! ズボっと入れちゃった。そ~とね。久しぶりだから、なんて♪ うふふふふふ、もう! もう止めようぜ! もうヤダッ」

一人突っ込みぼけの柚姉に浪川さんと力也さんの台詞はなかった。引いた紙に書かれていたのは「トウカ」。2人の共通点を思い浮かべるのだが互いにヒントなしで答えたものは…

力也「オイデゲー」
涼香「お毒見係り」

見事に思惑が外れ不一致。トウカの人形エピソードでの台詞と、聖上のお傍付を務めていたことからの連想であった。

(二問目)
「ヌワンギ」と「アルルゥ」。物語上接点がない2人であるが、浪川さんも参加しての回答は…

力也「未成年」
浪川「四文字」
涼香「納豆」

2人の年齢・文字数に着目した力也さんと浪川さんであるが、柚姉はアフレコ時にアルルゥ役の沢城みゆきさんとヌワンギの髪型が水戸納豆みたいだと話していたことからの連想であった。

浪川「俺とか力也さんは聞いてなねぇよな!?」
力也「聞いてない。そんな話があったなんてちっとも知らなかった」

かつて『うたわれるものらじお』第46回(2007年5月21日放送)でヌワンギ役の吉野裕行さんがゲストで登場した中で、柚姉はヌワンギのことを“ここにさぁ納豆のなんか付いてたじゃん?”と感想を述べていたこともある。

(三問目)
「オボロ」と「ユズハ」。これで当らないと企画倒れになってしまうことところであったが……

力也&涼香「兄妹」
浪川「良かった~。これで外れたらねーこの特典にならねぇし、ゲームやった意味がなかった」

(四問目)
「テオロ」と「カミュ」。物語で2人が出会うことはなく難解となった為にパス一回で仕切り直し。「ベナウィ」と「エルルゥ」での連想となるが……

涼香「エルルゥがベナウィさんに、いつもしてること♪ ふぁはははは。いや、普通のことね」
浪川「……力也さんほんとね~よく頑張った昔、ほんとに」
涼香「あっ、でも、ハクオロさんにも同じ事してる」
力也「迷惑とか(笑)」
涼香「酷い~! 相変らずなんですね力ちゃんて!!」

作品中のエルルゥではなく、柚姉本人に対する感想のような気もしないではない(笑)。浪川さんも力也さんの気苦労が耐えなかったことをしみじみ実感している。柚姉が言いたかったのは体に良いし落ち着く事であるのだが、エロチックになる柚姉の発言も相変らずであった。

力也&涼香「お茶」
浪川「無理やり答えを導かしてたね」

(五問目)
「クロウ」と「ウルトリィ」。どちらも好きそうな事を連想する力也さん。ウルトリィの好きな物はカルラとしている事だけどクロウは思い描けない柚姉。ここで力也さんがとった策は……「クロウ」の名前を「カルラ」に書き直すことであった。

力也「じゃあこれで勝利だよ」
力也&涼香「お酒」
力也「ほら!」
浪川「大人って恐え~」
涼香「なんか……え? なんかそんな事するようになったんですね」

狡猾な手段に出た力也さんにショックを隠せない柚姉と浪川さん。他のラジオ番組での経験が、力也さんを大人へと変えていったのであろう。ご褒美の品は『栗きんとんプリン』。缶詰のような容器で、包装は黄色く、水羊羹みたいな代物であることから、『恵那川上屋の栗きんとんプリン』であるものと思われる。

浪川「これ3つあるってことは、俺も食べていいってことですか?」
力也「勿体無いね、君ね。全部開けちゃって」
涼香「本当? じゃあ一緒に食べます?」
力也「いや開けます」(即答)
涼香「(笑)ヤベって思ったでしょ?」
力也「そんな、そんな事ないですけど(苦笑)」
涼香「すごいなんか以前より超反応が速くなって(笑)、ある程度予測できるんでしょうね」

【エンディング】
浪川「さて、私のお部屋寛いでいただけましたでしょうか?」
力也「やっとここまできましたね」
涼香「早く帰りたいの2人共? さっきから2人でアイコンタクトばっかり」
浪川「違うよ。違うの! 柚木さんはどうでした? 物足りないでしょ?」
涼香「うん、なんか……いや、楽しかったです」
浪川「ちょっとさ~なにこの殺伐とした空気は!? もうだから言ったじゃん!『ベナウィの部屋』恐え~って。寛いでいただけました? ご褒美もちゃっかり食って。大人の事情あれで強引に勝ち~の」
力也「いやでもね……」
涼香「力ちゃんは色々大人になったんですね。色々大人になったんですね昔より」

エンディングで初めてラジオCD『エルルゥ小部屋』の特典番組であることを知った力也さん。『うたわれるもの』レギュラーキャラがほとんどゲスト登場したWebラジオで、唯一ゲスト参加していないのが力也さんなのである。

浪川「完全に昔の僕状態になってる人が一人いますね」
力也「まあ特典で来たからね」
浪川「で、『エルルゥの部屋』と今回『ベナウィの部屋』、違いとかあります?」
涼香「う~ん、空気が重いです」
浪川「きた! きたきたきたきた!! きたよ~」
力也「せっかく頑張ったのに」
涼香「ベナウィさんらしいっていうの?」
浪川「もうちょい違う言い方……あるじゃんさ。ピリリと小粒でも辛いみたいな、ね?」
涼香「女の子の部屋と男の子の部屋は違うじゃないですかやっぱり」
浪川「部屋ね。部屋ってどうしてます力也さん? 綺麗派ですか? ワイルド派ですか?」
力也「そうね~。片付けに来てもらえないかなと思ったりね~」
涼香「行きますよ! もう目も合わさない。目も合わさないの(笑)」
力也「いや、あの……ねえ?」

思いついた話題で色々と話を混ぜる浪川さんであるが、どうも“暗い”雰囲気になってしまうことに気づく。力也さんと柚姉が話し手というより聞き手として参加していることから、浪川さんのペースで進行しており、力ちゃん&柚ちゃんの色が抑えめになっていることも要因の一つであろう。

-皆様へのメッセージ-
力也「これからもね、長い目で見て戴いて。また第3巻もあるので、楽しみにして下さいませ」
涼香「通常放送の『エルルゥの小部屋』も、変わらず皆さん聴いて下さいね。力ちゃん来てくれる?」
力也「……え? 通常版もまだやるの?」
涼香「だから繋ぎ番組だって言ってるだろ!」
浪川「それでは皆さんまたいつか私のお部屋にお越しくださ~い~~」
涼香「『エルルゥの小部屋』繋ぎなんだからぁ!!」
力也「まだ終わりじゃないんだ? まだ? ああそうか……」
涼香「そうですよ。発売しきるまで、繋いでるんですよ」
浪川「ばいば~い!!」
涼香「ゲストみんなもう来てくんないんですよ~」
浪川「ばいば~い! って」
力也&涼香「ばいば~い!」 

【明言】「力ちゃんは色々大人になったんですね」(涼香)

【総評】最後の最後で地雷を踏んだ力也さん。波乱を残したままの番組であった。46分の番組構成であったが、実際のトークタイムは1時間以上であったものを編集したと思われる。それでも尺足らずに感じるのは、力也さんと柚姉の掛け合いをもっと聴きたかったからでもある。『エルルゥの小部屋』を知らない力也さんが番組色に染まっていないこともあり、大人しめな印象を受けるのだが、台本で綿密にチェックして番組に望むのと、自由奔放に番組に望むのとでは勝手の違いがあったものと思われる。『うたわれるものらじお』以降、『あかね色に染まるラジオ』『Sound Drama Fate/Zero -ラジオマテリアル-』でパーソナリティを務め続けている力也さんがある意味で大人になって古巣に帰ってきたものの、羽目を外すことができないのは、昔と変わらない柚姉の存在があったものと思われる。


うたわれるもの ラジオCD 「エルルゥの小部屋 IN うたわれるもの」 Vol.1
O-TRAP 楽天市場店
<商品名>うたわれるもの ラジオCD 「エルルゥの小部屋 IN うたわれるもの」 Vol.1<商品内


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




OVA うたわれるもの 巻ノ二 [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル
2009-12-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック