エルルゥの小部屋INうたわれるもの 第26回 解説コーナー

【放送日】2010年4月8日
【パーソナリティ】柚木涼香(エルルゥ役)
【ゲスト】沢城みゆき(アルルゥ役) 三宅華也(トウカ役)
【オープニング】
エルルゥ「皆(笑)……皆様こんにちは。エルルゥです。今回もエルルゥの小部屋に遊びに来てくださって、ありがとうございます。このお部屋では、私達が住むトゥスクルの情報をお伝えしていきますので、楽しみにしていて下さいね」
トントン
エルルゥ「あら? 誰かいらしたみたいですね。ちょっと失礼しま~す」

今回のゲストは2回目となるみゆきさんと華也さん。OVA第3巻のメインとなる2人であった。

涼香「今日は、華也ちゃんに、トウカのパンツ疑惑の話とかいっぱいしてもらって」
みゆき「何で、随分パンツ振りをしている」
華也「ずっと“パンツ”“パンツ”って言ってませんか?」
涼香「だって気になったでしょ、アフレコ中?」
みゆき「さっきも申し上げましたけど、1ミリも目に入りません」
涼香「何で!? おかしいって! おかしいって!! 何処見てアフレコしてんの? みゆきちゃんはさ!」
みゆき「絵だよ!」
華也「やれやれ~!」
涼香「『うたわれ』の何処が気になってんの? ねえ?」
みゆき「繊細な心理描写だって!」
涼香「だってトウカのパンツ見えたんだよ! 私凄い衝撃だったんだけど」

視聴者視点の柚姉に対し、役者視点のみゆきさん。役に対して真面目なみゆきさんの性格が表れている。柚姉は、ファンサービスとして盛り上げる要素が濃いい為、視聴者受けし易い面もあるのが特徴である。華也さんは柚姉よりの立場で、面白ければ何でもOKのようである。
コンテ画だった為に、どんな絵で完成されるのか? 第3巻の見所として宣伝したいようだ。

華也「私は、パンツよりも上の方が気になりました」
涼香「オッパイ!?」
華也「オッパイではなく! 上もなんかこう下着的な事があったじゃないですか?」
涼香「……あ、あったっけ? 私パンツばっかり」
華也「なんでパンツだけなんですか~!? 上は上でスポーツブラ的な下着を着けてたんですよ」

時代設定上、下着が存在しているのか気になっていた華也さん。
カルラはブラではなく晒を巻いていた描写であったとのこと。

みゆき「でも私、別に白とかじゃないと思うけどな~」
華也「く、黒とか!」
みゆき「おい、そこでなんで興奮したんだよ!」

ネタバレ的に、トウカの着替えシーン(?)をオボロが隠れ見ていた状況であった。

華也「あんな所でいきなり女の子が脱ぎだしたら、目を背けますよね?」
涼香「でもずっと見てたよねオボロ」
華也「ずっと凝視してましたよね」
涼香「やだ桐井さんもう~」
華也「もう~あの人は」
みゆき「役と役者を混同しない! 別物です」

柚姉と華也さんコンビに対して、みゆきさんが突っ込み担当になるのは至極当然である。
パンツ疑惑で盛り上がる中、リスナーより『うたわれるもの TVアニメ 公式ファンブック』で、カルラのインナー姿が線画で紹介されており、紐パンであったとのこと。
ウルトとカミュのインナーは、レオタードのようなもの。

涼香「カルラ姉さんの紐を引きたいよね? なんかそうゆうくじ引き作るのどう? おみくじ紐パン式になってるの」 
みゆき「『うたわれるもの』に関して、このラジオだけだから! 足引っ張ってんのは!!
涼香「あはははは~!! マジで?!」
みゆき「良い雰囲気の。足引っ張るのこのラジオだけだから。本編結構良い話やってるから」
涼香「私、リスナーさんと一緒にこの『うたわれるもの』を楽しみたいと思ってるんだけど」
華也「うん、うん、うん……それも一理ある」
みゆき「間違ってない。間違ってないけど……」
涼香「そうでしょ? みんなパンツ好きでしょ!! 聴いてるみんな!!!」
華也「みゆきちゃんが“こいつら”みたいな顔してる(笑)」

柚姉の暴走っぷりはファンと一体となってのことなのである。作品の質を落さないよう務めているみゆきさんとは、表現の仕方が対照的であることが分かる。
2人の間に位置する華也ちゃんは終始和やか爆笑モードであり、全体として雰囲気は悪くない様子である。エロチック方面に行きがちな柚姉に厳しい突っ込みが言えるのはみゆきさんだけのようである。

涼香「もうアルルゥ恐い! 冷たい! お姉ちゃんに優しくして」
みゆき「してるよ! 精一杯の誠意であなたに接してるよ!!」

さらに柚姉が気にしていたカミュのパンツであるが、原作版とアニメ版とでは設定が違っており、レオタード版はアニメ用の設定であった。

涼香「みゆきちゃんの勝負パンツは何色?」
みゆき「うるさいわい! 帰るぞ! 帰るぞおい!!」
涼香「事務所NGでしょどうせ」
みゆき「いや、分かんないな。そこは分かんないな」
涼香「まあいい。後でこっそり聴いておくわ」

【憧れる国際結婚】
柚姉は、耳元で「Stay With Me」と囁かれたい妄想を抱いている。
華也さんの憧れは、跪いてくれて日本語が喋れる人。

【噂の執事カフェ】
華也さんの友人に常連がおり、一度だけ行ったことがあるとのこと。
池袋にある執事カフェと云えば『執事喫茶 Swallowtail』 が有名である。
柚姉は友人からこのお店のおみあげを貰ったことがあった。

【第3巻の見所】
みゆき「アルルゥとね、トウカが2人で大冒険をします」
涼香「パンツの大冒険(笑)」
みゆき「しない、しない!」
涼香「パンツだけじゃないよみんな。見所は言っとくけど」
みゆき「当たり前だ! 最後のトウカのラストシーンは圧巻ですよ、作画も含め」
華也「トウカは本来できる子だったんだっていうのが。皆さんうっかりのイメージしかないので」
涼香「パンツの後には感動が(笑)」
華也「そんなにパンツパンツ言ってると、パンツが出てくるって皆さん思ってますから」
みゆき「それ終わっちゃったら、なんか3巻お終いだなみたいな気になっちゃうから」
涼香「いいじゃん売れれば。まだ続編できるかもしれない。取り合えずパンツで売って置かないと。でもほんとはちゃんと良い話だってみんな分かってるから」

【トゥスクル戦略会議】
今回のお題は、『うたわれる』メンバーの中で、1番騙されそうなのは誰?
華也「まぁ某でしょうね!」
涼香「自信満々」
華也「負ける気がしないですね、この種目」
みゆき「自信持たないで」
華也「現に、原作でカルラに騙されて、結構大変な事になってたんで。まぁ騙されますね」
みゆき「騙し甲斐がある」
涼香「アルルゥは何だかんだで頭良いから」
みゆき「全然見抜いちゃう」

リスナーからお便りで圧倒的に多いのはトウカ! 続いてオボロ。同じタイプり2人なのだが、オボロにはドリィ&グラァが傍についている分、付け込まれる度合いは少ない。続いてエルルゥ。ハクオロの女性関係について吹き込まれれば、信じてしまいそう。最も、勝手に勘違いをして騒ぎを大きくすることも多々ありそうである。

真っ直ぐで良い人程、弱点も多く、そこを突かれると騙され易い。アルルゥも弱点であるハチミツを使えば、騙されると解するみゆきさんであった。

次回のお題は、『うたわれるもの』のキャラクターの中で、1番我が侭そうなのは誰?
華也さんがすぐに思いついたのは“にゃも”一族。王としての我が侭し放題であったことから、正しい我が侭という意味で当て嵌まると思ったのであった。

【エンディング】
涼香「さて、“パンツの小部屋”楽しんでいただけましたでしょうか? みゆきちゃん下向いて絶句してんだけど」
華也「今、皆にこの顔見せてあげたい」
涼香「怒っちゃヤダよ~怒っちゃヤダよ~!」
みゆき「はいはいはい」 
涼香「しかもこんなお姉ちゃんアホでほんとヤダって、今凄い思ってるんでしょう」
華也「しっかりしてらっしゃる」
涼香「だからしっかりしちゃうのね」
みゆき「少しは私にも、しっかりしない隙を下さい。はっちゃけるタイミングを下さい」
涼香「ほら若いから! 私もう老いていくばっかりだからさ、ちょっとでも楽しみたいじゃない人生を! もう緩々で生きたいのこの先」
みゆき「でも私よく柚木さん言われるじゃないですか。“私の時、みゆきちゃんみたいだったんだよ”って言われると、凄い未来不安だもんね」
涼香「げぇ! ちょっと待って!! どうゆう意味?」
華也「みゆきちゃんの弾けたとこ見たいな」
涼香「華也ちゃんも弾けてきたよ!」
華也「元々こんなですよ! 結構駄目なままずっといるんで、そろそろしっかりする事を覚えたいですね」

みゆきさんと柚姉は、今の年齢になっている時には『田中敦子』さんのようになっている予定だったとのこと。華也さんは『キャッツ♥アイ』に登場する泪姉さん(来生三姉妹の長女)のようになっている予定であった。

涼香「何時になったら大人になれるの?」
華也「どうしよ!? このまんまの大人嫌だな~あぶないな~不安だ」
みゆき「まずパンツって言うの止めたらいいんじゃないかな?」
涼香「はぁ! パンティー? ちょっと丁寧に言ってみたんだけど。大人っぽい響きっていうの?」
華也「ごめんねみゆきちゃん! ごめんね、見捨てないで。そんな顔しないで~」
涼香「もうやめるから。もう締めるから。お仕事とか活動のお知らせとかあったら……して♪ お願い、して♪ はやく♪」
華也「あ、あのですね! 最近ブログがおひっこししたらしいんで」
涼香「お、おしっこ!? ちょっと待って! 華也ちゃんダメよ!(笑)」
華也「もうヤダ~」

止まらない柚姉の自爆発言で、華也ちゃん共々腹筋崩壊状態。笑いを堪えきれないでいる中、1人だけノーマルなみゆきさんがエンディングコーナーを引き継ぐ。

涼香「や~良かったみゆきちゃんがいてくれて。ありがとう。それでは今回はここまでになります。お相手はエルルゥ役柚木涼香と」
みゆき「アルルゥ役沢城みゆきと」
華也「トウカ役三宅華也でした」
涼香「それでは皆さん、また私のお部屋に遊びに来て下さいね」
涼香・みゆき・華也「ばいば~い!」

【名言】「パンツの大冒険(笑)」(涼香)
【総評】1人アウェイな立ち位置のみゆきさんだけが冷静を保っている。柚姉に対して容赦ない切り口は変わらずであるが、番組自体を斬り捨てる程の酷評には、ディレクター日高氏も耳が痛かったことであろう。アニメ雑誌では紹介されていないOVA第3巻の見所を、アフレコ現場での体験から紹介しており、情報番組としては宣伝効果が期待できそうな内容であった。

うたわれるもの TVアニメ公式ファンブック (JIVE FAN BOOK SERIES)
ジャイブ
うたわれるもの製作委員会

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック