「ハートキャッチプリキュア」第21話感想

タイトル「妖精アドベンチャー! プリキュアスカウト作戦です!」

3人目のプリキュア探しの回。
第一候補は……つぼみのおばあちゃん! 変身すると若返るのでしょうか(苦笑)。コッペというパートナーがいることで辞退されますが、現役を退いても凄い力を秘めているおばあちゃんはやはり只者ではありません。

と、いうギャグ展開でかつてのサブキャラクター達が再びターゲットに。

かなえ「プリキュアってスカウトでなるものなの?」
プリキュアの素質があることが条件ですが、突然頼まれてプリキュアになることがセオリーですからある意味当っているのですけどね。

さやか「突然言われても、あたしサッカーしかできないし……」
押しに弱そうなさやかでした。サッカーボールで戦うプリキュア……キュアルージュがいるじゃないですか!
りんちゃんをスカウトすればいいと思います(笑)。

番「なに!? 俺がプリキュア!」
番君がプリキュアになったら……想像上ではありますが、あんなコスチュームを着るの事になるのですね(笑)。
ありえないプリキュア像を想像してしまった為、スカウトを断念するポプリ。男の子はプリキュアになれないのですね。

最後に登場したのは大本命の月影ゆり。
ゆり「他の人を探しなさい、私はあなたのパートナーにはなれないわ」
薫子「ポプリ、運命の絆で結ばれたパートナーは、スカウトで探すものではないわ。ポプリとパートナー、お互いが信頼で結ばれた時、第3のプリキュアは生まれるのよ」

薫子からゆりへのメッセージとも受け取れる台詞でした。
喜怒哀楽の激しいポプリはムードメーカー的な存在になりそうですね。ポプリが力を感じた人は皆プリキュア経験者だったことから、ポプリはプリキュアになれる素質を見抜く力があるようです。
まだまだ尺を伸ばす3人目のプリキュア話。
今回ポプリと接触していないキャラの中ですと、ももか、いつきが有力候補!?
番君が構想していた漫画の設定にある未登場のオリジナルキャラがなりうることもある訳ですが果して……。


高梨康治&TEAM MAX ハートキャッチプリキュア!オリジナル・サウンドトラック 1
ジェネオン・ユニバーサル
2010-06-09
TVサントラ

ユーザレビュー:
期待していましたサウ ...
確かに「かわいい」け ...
期待通り33トラック ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

2017年08月21日 19:54
WOW just what I was looking for. Came here by searching for Aj

この記事へのトラックバック