魔法少女リリカルなのはViVid第16話~新たなる決意!~

画像
サイネリアの聖羅夢です。魔法少女リリカルなのは第4期は月刊コンプエースにて絶賛連載中!!
第16話の考察・批評・解説コーナーはじまります。
シリーズ第4期「魔法少女リリカルなのはViVid」

タイトル:Memory;16☆「インターミドル」

【登場人物】21名+モブキャラ複数
高町ヴィヴィオ  アインハルト・ストラトス  コロナ・ティミル リオ・ウェズリー  ノーヴェ・ナカジマ

高町なのは  フェイト・T・ハラオウン  スバル・ナカジマ  ティアナ・ランスター エリオ・モンディアル
キャロ・ル・ルシエ  フリードリヒ

ルーテシア・アルピーノ  メガーヌ・アルピーノ  ガリュー  セイン

八神はやて  リィンフォースⅡ  アギト  シグナム  ヴィータ  シャマル  ザフィーラ


【壮絶な合同陸戦試合は全3試合!】
●第2戦の見所●
なのはvsティアナ
中距離射撃魔法対決となる2人のポジションであるが、至近距離でなのはの砲撃を受けている。2人の位置がこの状況になることは、本来あってはならないはず。主砲装備の戦艦とレーザー砲装備の戦艦とが衝突するようなものである。なのはの前に撃沈したであろうティアナ。ティアナのクロスミラージュが近接戦闘用の「ダガーモード」でなかったことから、不意をつかれての一撃であった可能性がある。ティアナの十八番である幻術魔法を活かした戦いができなかったことも敗因か。

スバルvsアインハルト
シューティングアーツvsカイザーアーツの戦いでもあった両者。実力的にはノーヴェよりも上であろうスバルの格闘技術を前に、アインハルトが何を感じたのか興味深い。
両者のバリアジャケットが破損していることから、均衡した戦いを繰り広げていたものと思われる。
アインハルトの拳が魔力を帯びたような描写であったことから、アンチェインナックルの技を駆使した戦いをしていることが分かる。スバルがシールドを張らずに防御姿勢でアインハルトの攻撃を凌いでいるのは、アンチェインナックルを使うアインハルトの攻撃の前では、シールド防御が意味をなさないからと推測する。
2人の試合結果は……尺の都合で割愛!? 

●第3戦の見所●
☆なのはチーム☆
高町なのは
高町ヴィヴィオ
アインハルト・ストラトス
ティアナ・ランスター
キャロ・ル・ルシエ&フリードリヒ
リオ・ウェズリー

なのはチームの特色は、センターガードによる長距離&射撃攻撃の利点を活かした先制攻撃。
ヴィヴィオとアインハルトの2人で先陣をきり、なのは&ティアナが援護。リオが中衛として皆をサポートし、キャロ&フリードリヒによる空戦も可能な布陣である。


★フェイトチーム★
フェイト・T・ハラオウン
スバル・ナカジマ
エリオ・モンディアル
ノーヴェ・ナカジマ
ルーテシア・アルピーノ&ガリュー
コロナ・ティミル

フェイトチームの特色は、スピードを活かした速攻。フェイト&エリオ&ガリューによる高速移動組とウイングロードとエアライナーで縦横無尽に駆けることができるスバルとノーヴェ。ルーテシアの護衛にはコロナとゴーレムがつくことで防御面をカバーできる布陣。

フェイトvsアインハルト
大剣vs拳の戦いでもあるが、近接戦による格闘術では剣の間合いに届かない。
間合いの外からによる攻撃を強いられるアインハルト。一方、プラズマスマッシャーをはじめとする電撃系の砲撃魔法を得意とするフェイトであるが、覇王流旋衝破の技をもつアインハルトに直射型砲撃魔法は効かない。ザンバーフォームによる打撃での戦いとなる。
覇王空破断(仮)を放つアインハルトに対し、ザンバーフォームで防御するフェイト。
この続きは……読者の想像に委ねられることに。
『覇王流真剣白羽取り』のような技があるかどうかは不明であるが、『刀語』の虚刀流のごとく、武器を持った相手に対して戦う術が覇王流にもある筈である。2人の対決の行方であるが、尺の都合でカットされたのが悔やまれる。


【女の子はおしゃれに】
合宿編のスタートとなる第8話
一日目の水遊び後から第10話
二日目早朝の第12話
ヴィヴィオやアインハルト、登場人物らの服装デザインが変わっている。女の子ですから着替えの服はたくさん持ってきているのでしょうね。ストーリーに沿って私服のデザインを変えることによって、ヒロイン達の可愛らしさを演出している。

【扉絵の伏線】
アインハルトの髪を結い上げるヴィヴィオのイラストであるが、試合終了後のお風呂上りであろうか、腕が痙攣して動かせない状態のアインハルトを見てヴィヴィオが申し出たのであろう。その後のプライベートタイムが本編で描かれている。ベッドに横たわりながらヴィヴィオに見つめられてどぎまぎのアインハルトが愛らしい。合宿編開始前の第8話では意識してなかったヴィヴィオの存在が、いまやアインハルトにとってとても大きな存在となっている。

【試合の後に……】
次なる舞台は『DSAA公式魔法戦競技会 インターミドルチャンピオンシップ』
“魔法戦で覇を競う”……覇王であるアインハルトの闘志に火がないわけがない。
ヴィヴィオに感じたドキドキ感とはまったく別物のドキドキ感であり、高まる鼓動を内に秘めているアインハルトをクローズアップしている。物静かな性格で言葉数が少ないアインハルトであるが、心情表現を吹き出しで表現することによって意思感情を言葉で表している。ヴィヴィオらには伝えていない本心を読者に知らしめていることで、アインハルトの感情を理解し易く見せているのだ。

~アインハルトさんと戦いたい~
アインハルトが大会出場を決意させたのはヴィヴィオの言葉であった。
覇王イングヴァルトの悲願を誓うアインハルトは、常に戦いの場を求めていたのではないだろうか。特訓に明け暮れる日々の中で、強者と戦うことを望み、その相手として聖王、冥王の所在を掴もうとしたのが物語の始まりであった。そして今、アインハルトは己の戦う場所を見つけたのだ。
これまでが地区大会レベルの戦いだとすれば、次章からは全国大会レベルの戦いとなるのだろう。格闘魔法少女
達の戦いがまだまだ続く余韻を残したのだった。

【はっちゃけルーテシアはメガーヌの影響?】
メガーヌは熱き戦いを繰り広げるバトル少女であった。戦いの中で青春の炎を燃やし、ライバル(クイント)と出会い、腕を磨いていったのであろう。その血を受け継いだルーテシアが大人しい文学少女の器に収まるわけがないのである!

【エスパーはやて】
第1話・第11話でカットで登場した八神家。本話がはやての初台詞回となる。
リインフォースIIとアギトが子供サイズの大きさになっているが、「魔法少女リリカルなのはStrikerS サウンドステージ01」にて、子供サイズへの変身が可能であることを明かしている。この魔法が伏線となって、ヴィヴィオが大人の姿になる魔法を使うことが発案された……かもしれない(笑)。
エプロン着用のリインフォースIIとアギトは、はやてのお手伝い。ヴィータはおかずを全部並べ終わるまでにご飯をお茶碗一杯分平らげたようだ。シャマルの料理の腕がどれだけ成長したか気になるところであるが……並べられた料理は全てはやてが作ったものなのであろう。ザフィーラは相変わらず番犬しております(笑)。
ルーテシアの噂話を感知したはやてちゃん。早く本編に登場したいという強い想いがようやく成就しそうです。
守護騎士らが過去に覇王イングヴァルトと面識があったかどうかも気になるところである。

【一言&重箱の隅つつき】
第8話でアインハルトが持参したバッグには着替えの服は何着も入らないのでは? 別便で準備していたのだろうか?
StrikerSでは明らかにされなかったメガーヌの過去であるが、当初の性格設定からかなりイメージチェンジしたのではないだろうか。クイントとなのは……接点のなさそうな2人であったが、母親同士のコミュニケーション仲間として親睦を深めているようである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;16☆「インターミドル」
Excerpt: コンプエース10月号買ってきました! [画像] 今月号の表紙はストライクウィッチーズ2です。 付録でオリジナルTシャツが付いてきたんだけど、デザインがシンプルでなかなか良い感じです。 でも普段着て出か..
Weblog: ☆へにょへにょ日記☆彡ViVid
Tracked: 2010-09-02 14:58

魔法少女リリカルなのはViVid第7話考察
Excerpt: 【タイトル】Memory;07「ニュー・ステージ!」
Weblog: サイネリア~わたしのひとりごと~
Tracked: 2015-05-17 01:40