学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第10話

タイトル「The DEAD'S house rules」

圧倒的存在感の高城 壮一郎!

高城家のルールと孝達の結束力とを対比させており、従うか別れるかの選択で右往左往している展開であった。

これまでの日常が失われた世界の中で、孝達は戦い続けることを覚悟している。
コータにとって銃器は、新たな世界の中で自分の存在と同じものなのですね。だから失うということは、“奴ら”のいなかった世界での自分に戻ることわ意味していた。

コータを卑下することなく、生き抜いてきた力を認めた壮一郎の応対は、厳格ではあるけれど恐怖よりも労わりと優しさを感じさせるものであった。
父に食って掛かる沙耶であるが、父親に守ってもらえなかったことを強調する辺り、父親からの愛情に飢えている家庭環境であったこと臭わせている。

シリアスムード一色にさせないエロリズムが売りなだけに規制描写となることを想定しながら仕上げる心意気は立派。
紫藤先生のカリスマも壮一郎の前では霞んでしまいますが、しぶとく生き延びております(苦笑)。


学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 6
富士見書房

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 6 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック