うたわれるものらじお解説集【第51回】

【放送日】2007年6月25日
【パーソナリティ】小山力也(ハクオロ役) 柚木涼香(エルルゥ役)
【ゲスト】なし
【オープニング】エルルゥ「ハクオロさん、ハクオロさ~ん!」
ハクオロ「ん、何だい? エルルゥ」
エルルゥ「いよいよ、最終回ですね」
ハクオロ「あぁ、そうだな」
エルルゥ「今まで、色々ありましたね」
ハクオロ「そうだな。エルルゥには1年間随分世話になった」
エルルゥ「いえ、私こそありがとうございました」
ハクオロ「そして、このらじおを応援して下さった皆様」
エルルゥ「本当に」
ハクオロ&エルルゥ「ありがとうございました」

最終回。日高さんが用意した台本の内容は……特に無かった。これは2人で自由奔放にして締め括ろうという『うたらじ』らしさの表れでもある。

【フリートークのコーナー】
箱根旅行での出来事を語る2人。涼香さんは自家用車、力也さんはロマンスカーで箱根へ。涼香さんの要望に力也さんは何でも言う事をきくことを約束したのだった。まず訪れたのが『箱根ガラスの森美術館』。涼香さんは庭園での撮影を所望していたのだが、雨の為、館内での写真撮影となる。

力也「僕は言われるままに、ごそうやってするようにしただけで、要望にお応えしただけでですね」
涼香「ほんとはしたかったんでしょ?」
力也「お芝居ならほんとにキスもしますもんね? でもキスはしてないし、ね? 別に」
涼香「しそうだったけどね。正直しそうだったよねー!」

撮影後、湯本の温泉街へと向かうバス内で力也さんに迫る涼香さん(笑)。

涼香「ゆったりできる所に私達2人だけで、そこでイチャイチャしてました」
力也「いえいえ。いや、してませんよ」
涼香「正直言うと、したかったんですけど、スルーされてました(笑)。力ちゃんのね、なんてこの人は真面目なんだろうって、柚ちゃんはもう」
力也「一生懸命ブレーキをかけてましたからね、大丈夫です」
涼香「かけなくっていいのに。箱根の峠でブレーキなんてかけないで~!」

その後、駅前を散歩しながらの撮影へ。声優グランプリが密着取材として同行しており、番組の紹介記事が掲載されることになる。健全な写真はこちら。過激な写真はムック本でお楽しみにとのこと。
午後は旅館での撮影。共に浴衣に着替えるのだが、メイクした涼香さんの浴衣姿にデレる力也さん。

力也「CDの第3弾の時に、理恵ちゃんがメイクしてとても綺麗にね、可愛かったねってお話したあの時みたいに、あなたもこの辺がキラキラ目の周りが光ってて」
涼香「そうゆうメイクが好きなんですか?」
力也「え! いえいあ、何でも好きなんですけど」
涼香「何でも好き!? 何でもいいのかよ!」
力也「いや、でもね、とてもほんとにね、こんな柚ちゃんとは思えない(笑)。ほんとに素敵でしたよ」

旅館内ではお約束の卓球を楽しみ、ゲームコーナー内に設置されてたプリクラを2人で撮ったのであった。

涼香「2人とも10代……に見える。10代のヤンキーがね、“いえ~い!”って撮ってるみたい(笑)」

夜には、剛志さん・下山君・Suaraちゃん・華也ちゃん・明乃ちゃん・スナイパー、イラストレーターの方々らが参加し宴会が催される。深夜女性陣は露天風呂で秘密のトークを♪
後半では、リスナー様より放送終了記念として贈られた鉄扇をご紹介。涼香さんも力也さんの為に用意した『エルンガースプーン』をプレゼント。伸びるスプーンを手にした力也さんは……

力也「これでこうやってクチュクチュ……ふっはははは」
涼香「ああん♪ そう来たっまいった! ちょっと待って~!! 今ね、柚ちゃんのフォークを防御するどころか、スプーンを伸ばして柚ちゃんの首元をクリクリって」
力也「ハクオロは撫でるじゃないですか? ね? みんなね? さぁやも……さぁやじゃない。ウルトリィも」
涼香「なんで今さら、何で今さらここで名前を出すんだよ! もう(笑)。もう素直になっとけよ!! もう~。あぁ愛撫されてしまいました♪ なんか色々してくれるようになりました力ちゃんが(笑)」
力也「今日が最後だからね。もうしません……ね? ほんとにね、今まで色々ありましたね?」
涼香「ありましたね? もう、どうでもいいよ昔の事は……だってもう、こんなにも幸せなんだもん♪」

今まで登場して頂いたゲスト、番組外での様々なイベントを思い出す2人。力也さんが食事会に差し入れした金の卵が好評で、力也さんの金卵(キンタマ)として受けも良かったのであった。

力也「みんな俺のキンタマ食え!っていう感じ。カット! あぁもうー!! ああぁー!!! カットして下さい(笑)」

【エンディング前編】
力也「さて、1年間続きました『うたわれるものらじお』いかがだったでしょうか?」
涼香「今更ね(笑)。1年間やってもグダグダでした。でも何が面白かったって、やっぱり力ちゃん変わっていく様が一番面白かったと思います」
力也「僕はだから、ほんとになんか裸の自分がでただけでね」
涼香「言ったね? 仮面が取れましたよ、皆さん。割とね、柚ちゃんの思惑通りに色々なってきたような気がしますよ。えへへへ♪ だって仮面取れたでしょ? 力ちゃん落とせたでしょ?」
力也「落とせたって何? 落ちないよまだ。落ちないよ……まぁでもね、何を置いてもね、あなたの御陰ですからね。ほんとリスナーの御陰が一番ですけど、その次にあなたの御陰でね。あなたじゃなかったら絶対保たなかったですからね。演技的にも僕の事をとてもね、上手い具合に乗せて頂いて」
涼香「仕事もプライベートも乗せますよ。こんなね、無茶苦茶な私でも、凄く受け入れて下さったので、それで成立できたかなと」
力也「あなたは嘘付けない人だから、全部そのまま曝け出して来てくれるから、誤魔化しがないからとてもね、爽快で嬉しかったしね。ほんとにそうですよ」
涼香「私が好き勝手暴れてきちゃいましたからね」
力也「それだけじゃなくてね、ちゃんと、でも凄く気のつく人だからね。とても細かい所に神経をね、行き届かせてくれてね、とても助かりました」
涼香「力ちゃんだった事、柚ちゃんだった事、この番組を担当するのが日高さんになった事、ゲストで来て下さった方、その他スタッフ、リスナーの皆様がそれを面白がって聴いて下さって、なんかほんと全てが偶然で奇跡で……最初AQUAPLUSでお話があった時にはエルルゥとアルルゥでやらせようよとかって企画が出てたんですけど、そうなってたら絶対こうはならなかったし、全てが奇跡だったと思います」
力也「思わずね出た言葉とか、転がってきた現象をね、全部好意的に受け止めて下さってね」
涼香「凄くない私? 柚ちゃんはさー。ずっと力ちゃんの事をさ、1年間言い続けてきたじゃない。浮気もせず。これ、超凄くない? 浮気してないんだよ」

力也「男子これに勝る光栄はございません。はい、ありがとうございます」
涼香「いえ、ありがとうございました」
力也「“なんだ小山なんか只のアホだ”と思ってね、蹴飛ばさずにね、またお付き合い下されば。本望……というかね、ありがたいと思います」
涼香「ああ。そんな♪ うふふ……そうそう、これを言わなきゃいけないんだ。私番組が始まった時に、“最終回で力ちゃんと結婚式をするんだー”とか何とか言ってたんですよ。したかったんですけど、事務所NGが出たんです……結婚式は叶いませんでしたが、こんなにも力ちゃんと近くなったので、もう柚ちゃんは充分幸せでございますよ♪」
力也「ほんとあなたの御陰です。柚ちゃんありがとう」
涼香「チューしていいよ♪」
力也「(笑)そんなアホな」
涼香「今、今したかったでしょ? していいよ。カーテン閉める? 最後だししていいよ? ふぁははは」
力也「いやいや、とんでもない。いやいやいや……ほんとうにありがとうございました」
涼香「はい、皆様どうもありがとうございました!」
力也「放送はここまでです! それではまた……いつか何処かで」
力也&涼香「お会いしましょう~」

【エンディング後編】
ハクオロ「エルルゥ……見ての通りだ……自分は」
エルルゥ「そんなの、ずっと前から気付いていました。ハクオロさんは、ハクオロさんです!」
ハクオロ「ここにはウルトがいないから、エルルゥ、君が封印するんだ」
エルルゥ「えぇ!?」
ハクオロ「何を躊躇っている。やるんだ!」
エルルゥ「そんな! ハクオロさんを封じるなんて」
ハクオロ「やるんだエルルゥ! もう1人の私が暴れ出す前に!」
エルルゥ「……分かりました。それでは……この……フォークで! ブスッと!!」
ハクオロ「ぬわあぁぁぁ~!!」
エルルゥ「こうしてハクオロさんは、らじおで封印を解かれてしまった新しいハクオロさんは、再び眠りにつきました」
ハクオロ「エルルゥ、どうしたんだい?」
エルルゥ「いえ、何でもありません。(あの、新しいハクオロさんが再び現れるのは、いつになるか分かりませんが、きっと……いつの日かまた皆様の前に現れると信じて待っています)ハクオロさん、これからも、仲良くしましょうね」
ハクオロ「あは、なんだいきなり」
エルルゥ「いえ、何でもありません」

【今週の名言】「こんなにも力ちゃんと近くなったので、もう柚ちゃんは充分幸せでございますよ♪」(涼香)
【総評】最終回のED曲にSuaraさんの「キミガタメ」。続けて涼香さんが歌う「運命--SADAME-」を選曲し、アニメ&ゲームの雰囲気で締め括る演出であった。当初の企画ではラジオのパーソナリティがエルルゥとアルルゥであった事が明かされるのだが、弾ける涼香さんとしっかり者のみゆきさんとでは、全く違った雰囲気のうたらじになっていた事は言うまでもない。毎回収録後の編集作業が大変であった筈のディレクター日高さんの人柄にも触れられ、2人を温かく見守り続けた姿勢が伝わる。アニメ番組の情報番組の概念に捕らわれず、2人の人間味を最大限引き出した番組作りを続けてきた事に敬意を表する。
最終回とあって2人から重ね重ね伝えられたのは感謝の言葉。互いのパーソナリティだけでなく、番組を支えてきた全ての方々に感謝してのお別れであり、しんみりした雰囲気を全く感じさせない、ふたりの旅路に相応しい番組であった。《聖羅夢》



ラジオCD「うたわれるものらじお」 Vol.4 [CD+CD-ROM] / ラジオCD (小山力也、柚木涼香、他)
CD&DVD NEOWING
コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>2006年7月よりイン


楽天市場 by ラジオCD「うたわれるものらじお」 Vol.4 [CD+CD-ROM] / ラジオCD (小山力也、柚木涼香、他) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック