あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。第1話感想

タイトル「超平和バスターズ」

視聴開始直後は???な印象の作品でしたが、これは直球作品でした!
ストーリーが展開するごとにキャラクターの立ち位置、人間関係が理解でき、どこに向かっていくのかが明確に示される作品。ストーリー構成はパズルのピースが埋まっていく感覚に似ております。

第1話は主人公であるじんたんのパズルが出来上がっていきました。そしてじんたんの周りにあるパズルをどうくっつけていくのかは、次話以降で完成していく流れだと思います。

<めんまが何を望んでいるのか?>
みんなじゃなきゃ叶えられないお願い”
みんなとは誰のことなのか? 第1話視聴で分かった方が多いと思います。「超平和バスターズ」を結成した幼馴染達。じんたんだけでは叶えられない。バラバラになった仲間が再び集まり絆が戻る時、止まっていたじんたんの人生も再び動き出すのでしょう。辿り着く答えは「OPアニメーション」で明かされたも同然だと思います。ゆえに直球であるならば、OPがハッピーエンドになるのだと視聴者に印象付けている。そして、作品タイトルの意味……花の名前がキーワードになっていることは明白であり、“あの日”というのは、皆が仲良かった子供時代の時に見た花のことであることも予想できる。

じんたんのTシャツはなんだか「けいおん!」唯Tシャツのよう(笑)。ロゴ入りの文字は話数によって変わっていくのでしょうね。第1話のロゴは「地底人」。自宅に閉じこもってゲームざんまい。ニート予備軍? 知人との関りあいを避けており、地底の底で誰とも会わずにいる地底人であった。
心にもない言葉でめんまを傷つけたこと、そのことが原因かどうかは分からないが、めんまが命を落としてしまったことで後悔の念にとらわれ、人を傷つけることを怖れいるのではないだろうか。その回避方法として、人との付き合いを避け、壁をつくり自分との関りを絶ったように思える。

エンディグタイムで走り出したじんたん。もう一度めんまと会いたいと願ったことがきっかけとなり、「超平和バスターズ」のぽっぽとの再会を果たす。かつての秘密基地を使っていたぽっぽに対し、じんたんはこの場所に来ること事態をずっとためらっていたのでしょうね。止まっていた「超平和バスターズ」の時間が動き出した引きで終わる演出が上手い。ストーリーに引き込まれる作りとなったのは、じんたんならこう動くであろうことを視聴者が理解できるようにさせていることにある。

さて、これからどのように離れ離れになった心と絆を取り戻していくのか、脚本の手腕に期待する作品である。




secret base ~君がくれたもの~ 【初回生産限定盤】
Aniplex (music)
2011-04-27
本間芽衣子(茅野愛衣)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by secret base ~君がくれたもの~ 【初回生産限定盤】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック