マチ★アソビvol.6 イベント参加レポート

5月3~5日に徳島市で開催されているマチ★アソビ。お仲間達と5月4日に行ってきましたー!
コスプレあり、展示あり、上映会あり、業界者トークあり、ライブありと徳島市をあげての町興し!
市内各所にあるイベント会場をタイムスケジュールと相談してまわり巡ります。
徳島市ならではのグルメも楽しめ、これまで徳島バーガー、徳島ラーメン、徳島丼を食べました。
今回使用回するのは撮影OKだったイベントのみとなります。

<徳島新聞>
画像

この新聞の為に描き下ろしされたイラスト! 裏面全面を使用しておりました。
経済効果の上乗せに貢献すれば、経済新聞での取り上げも夢じゃない!? 

<ライトノベル パネル展>
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


アニメ化した作品も多々あり、見たことのあるイラストが多かったライトノベル展。巨大パネルに応援メッセージを貼っていくのですが、人気作品なほどたくさん貼られてます(笑)。パネル絵の非売品パストカードももらえちゃいます!
画像

これだけ貰えちゃいました♪ まだまだありましたよ~

藤真さんのイラストも発見! アニメ化が決まってこれからますます人気がでてくるでしょうね。
画像


<フィギュア展>
画像

画像

おすすめが紬ちゃんと桐乃&黒猫。アニメではみられなかったアルバイト姿の紬。こんなに持って大丈夫?
ともに萌えモードとなっている桐乃&黒猫コンビ。癒し顔ですね。

<ロンギヌスの槍展示>
画像

チタンアーティストの技術が結晶された作品! 

<「Fate/Zero」セイバー“エクスカリバー”展示>
画像

ユーフォーテーブルの地元なだけあって、Fate作品の展示には力がはいってますね。

<メーカー横断パッケージ展示会>
画像

BD/DVDのパッケージと中味を展示企画。OVAうたわれのBD特典である原画集も展示されてました。

<メーカーのブースで貰ったお土産>
画像


2日目最後に参加したのが「秒速5センチメートル」上映会。
新海誠監督の新作映画「星を追う子ども」の公開記念としてBD版をスクリーンで上映しておりました。
初視聴でしたが、一千枚以上撮影したロケハンの資料をもとに描かれた、東京・栃木・鹿児島の風景描写は自然観に溢れる美しさでした。三話構成で、小学生の時に出会って離れ離れになってしまった主人公とヒロイン。中校生になりお互いを想いながらを文通を続けていたけど、再会の約束をした日に告白するエピソードの物語 離れ離れのまま高校生活を送る二人。その主人公に片想いをする新たなヒロインの物語。主人公が別の存在のことをずっと見ていることを知り、告白をあきらめて失恋……。 社会人となった主人公と初恋のヒロイン。2人の想いは近づかないまま時が過ぎていき、主人公とヒロインはようやく自分の答えを出す。
……こんなストーリーでした。
タイトルは桜の花びらの舞い散る速度のことだそうで、緩やかに2人の関係を描くことも意味していると感じたのですが、三部作にして中・高校と社会人とに分けて描いたことに映画というよりはOVAの短編作品という見方でした。
三部作のタイトルでようやく「秒速5センチメートル」となるわけですが、大学生編は? 失恋した二部のヒロインは?
すれ違ったままの時を過ごしてきた日々の間の心理描写は? 全てがラストの主題歌「One more time、One more chance」の歌詞と共にフラッシュバックされる映像に表現されましたが、ここにきて秒速の速さで展開を追い続けなければならないのは急展開すぎました。1話目の設定で読書好きな2人でしたが、ヒロインの明里は高校生や社会人になっても読書をする描写があるのに対し、主人公の貴樹は、サッカー部や弓道部、コンピュータ関連の仕事に就いたりと一貫したものがみられなかった。彼は一体何がしたかったのだろう? 答えが出ないままラストシーンに繋がったという印象を受ける。

三話目の名もなき貴樹の彼女。明里は? 花苗は? これまでのヒロインの存在と想いはどこへ?? といった超展開で三年間付き合い関係を深めていた2人。結果として貴樹の想いは明里にあったということでしょうが、貴樹の為に尽くしてきたであろう名もないヒロインのこれまでの想いをメール一行ですませるところが純粋だった1話と違う主人公の現在があるように思えます。
また、二話目のヒロインである花苗には、彼女を見守る姉がいたのに対し、貴樹と明里には他に関わりが深い人物が誰もおらず、現実味のあるストーリー構成ではありましたが、人間関係の希薄さは非現実的に感じました。登場人物の数を限りなく少なくしたことによるためでしようが……。主人公の再出発の先にあるのをどう表現し、視聴者に判断を委ねさせるのかを主題歌のメッセージにあわせたことにより、後悔の念が強かったのかなと思わざるをえません。新しい道で幸せになれたのかどうか霧がかっていたことにモヤモヤ感が残りました。現代人に対して強く生きることへのメッセージなのかもしれませんが、もう一度じっくり映像を観ないと思考が追いつかないのが心残りです。


秒速5センチメートル 特別限定生産版 DVD-BOX
コミックス・ウェーブ・フィルム
2007-07-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 秒速5センチメートル 特別限定生産版 DVD-BOX の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



秒速5センチメートル(1) (アフタヌーンKC)
講談社
2010-11-22
清家 雪子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 秒速5センチメートル(1) (アフタヌーンKC) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック