スイートプリキュア♪ 第32話感想~モブキャラ女の子が名脇役に!~

タイトル「オロオロ~!ヒーリングチェストが盗まれたニャ!」

キュアミューズの正体もお見通しのクレッシェンドトーン。音吉さんも彼女の正体を知っているのでしょうね~。
キュアミューズの心配事を察してアドバイスを送ったり、ハミィにはキュアミューズの事をあえて触れなかったりと、当然主人公のプリキュア達全く事情を知らないまま何かが始まろうとしているわけで、キュアミューズが仮面をとることになった時とは、プリキュアの力が必要となる大事態となった時なのではないのだろうか。

毎度毎度、プリキュアに挑み続ける「トリオ・ザ・マイナー」が遂に「3バカトリオ」にまで成り下がった感がある今話の計画。エレンの手作りぬいぐるみをネガトーン化しちゃったのは逆鱗に触れること間違いなしの展開を予想したものの、序盤に登場した女の子の視点に立ち、動かしたプロセスが見事でした。容赦なく殴る・蹴るでネガトーンを痛めつけるプリキュアの行為をやめさせようとした女の子に対し、ぬいぐるみに悪さをさせる悪い心を懲らしめていること、女の子の大切なぬいぐるみを必ず取り返すと約束したこと、ネガトーンに対して女の子の気持ちを伝え、悪い心の浄化を促したこと、これらの行為を経て必殺技に繋ぎ解決する流れがとてもきれいで心地よくまとまっておりましたね。

強敵であったものの、クレッシェンドトーンの力を借りずに解決したプリキュア達の力。
キュアミューズは、強力なアイテムであるヒーリングチェストの力を3人のプリキュア達が間違った方向に使わないか心配だったのではないだろうか。そして、キュアミューズが持っていたはずのヒーリングチェストを響に返してきたのは…アコ! 彼女とキュアミューズとの関係を匂わせ伏線としたのだった。


スイートプリキュア♪ 【Blu-ray】 Vol.1
TCエンタテインメント
2011-10-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スイートプリキュア♪ 【Blu-ray】 Vol.1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル









この記事へのコメント

この記事へのトラックバック