スイートプリキュア♪ 第30話感想~音吉さんがますます神的な存在に!~

タイトル「ワオーン!ヒーリングチェストの不思議ニャ!」

なにが不思議かというと音吉さんとクレッシェンドトーンが知り合いで、音吉さんはある目的の為にパイプオルガンを修理している!? アフロディテの目的にはないことが起ころうとしているということか? そしてメフィストは過去の記憶を奪われていることから、何者かに操られていることが確実となりつつある。

主人公プリキュア達が蚊帳の外で何も知らされていないところに、シリーズ終盤に大きな動きがおきることが予想される。キュアミューズの目的も、音吉さんの目的と一致しているのかもしれない。その時まで正体はおあずけか? 

今話は学園パートで主役以外のサブキャラ達(クラスメイト)との掛け合いも描いている。ストーリーに関係しなくても、キャラクターの人柄を描くだけで会話の面白さが増すというものだ。

ネガトーンとのバトルも今までとは趣向の違った戦い方となり、お遊び度の高い展開となった。こんなことは初めてではないだろうか。格闘バトルだけでなく、年齢層を下げて楽しめる対決方法にしている。頭脳戦を制したキュアリズムが一番の活躍者となったわけだが、新アイテム「クレッシェンドトーン」から得た力が不発となってしまった展開も今までと違っている。これは今のプリキュアでは力を扱いきれない事を意味しているのだが、まだまだプリキュアは強くなる可能性を秘めているとも読取れる。

ハミィ「もうすぐ幸せのメロディが完成するニャ」……あれ? ♪は奪われたはずなのでは? いつのまにあんなにたくさん?? これもヒーリングチェストの不思議な力によるものだろうか(笑) タイトルの不思議はここにも意味をかけていたのですね。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック