戦姫絶唱シンフォギア13話感想~逆襲のシンフォギア~

EPISODE13「流れ星、堕ちて燃えて尽きて、そして―」

「たかが石ころひとつ、ガンダム…ではなくでシンフォギア押し出してやる!」…と、叫びたくなる展開!
「人類に絶望もしちゃいない!」「νガンダム…ではなくはシンフォギアは伊達じゃない!」
……ア○ロの台詞で戦闘パートがまとめられそうですね(笑)。

なにはとあれ、1話で未来が物語の幕開けを語り、最終話で〆た物語。
響の遺影が1話と最終話では異なっている(笑)。響の顔だけが写った遺影だったのが、隣にいる未来の髪が写っている。EPISODE8で撮った写真を加工したものが1話で、未来の顔だけを隠したのが13話の遺影であると思われる。

響は決して人を憎みませんでしたね。人と人とは語り合える。言葉が通じなくても人は分かり合える。一つになれる。人の想いを伝える歌がある! と、きれいにまとめようとしましたね。

考えるのではなく、感じるアニメで楽しめました。


戦姫絶唱シンフォギア キャラクターソング2 立花響
キングレコード
2012-02-29
立花響(悠木碧)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 戦姫絶唱シンフォギア キャラクターソング2 立花響 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック