ドキドキ!プリキュア第13話感想~真の絆とプリキュアの力~

タイトル「ついに発見!?王女様の手がかり!」

ありす回はお嬢様対決! ありすをライバル視する五星財閥令嬢の麗奈。
喧嘩する程仲が良く愛情の裏返しで気持ちを上手く伝えられない設定でも良かったのですが、財閥同士の対立もあってありすには負けられない使命を負っているのでしょうね。
対等に話せるのはありすだけなのだから、親同士の事情は抜きにして、今回の騒動の後、ありすと友達になるフォローがあるとストーリー性がよくなりますね。麗奈といがみ合ったままだと、ありすの友達はマナ達だけになって他には作らないということにならないか心配です。その意味では、事後をきちんとフォローしていたハートキャッチの脚本は良かったですね。

五星財閥がどうやって黄色のバラを手に入れたのか? その出所を調べると王女の手がかりがあるような……。
アイちゃんが触ったこと出現した謎のアイテム……アイちゃんが関係しているのは明白ですね(笑)。
伏線となる青い鳥……“幸福な王子”にもツバメ(鳥)が登場することから、マナ達に関わることになる予感…。

マーモのプリキュア必勝法
ハート、ダイヤモンド、ソードの能力を分析し、攻撃型である3人の動きを封じることでプリキュアの戦力をゼロにしようとしましたね。ロゼッタが防御技しか使えないことで、自身への攻撃はできないと判断したのでした。

武道派ロゼッタ
プリキュアの武器は必殺技しかないと思い込んだのがマーモの敗因。先輩プリキュア達が肉弾戦でバトルを繰り広げてきたのです。ロゼッタが素手で強力な攻撃ができることを知らなかったこと。ロゼッタのプリキュア・ロゼッタリフレクションによる障壁を攻撃手段として使用する気転がありすの才能ですね。

ジコチュートリオも知らなかったレジーナの正体
キングジコチューに娘がいることは極秘だった? キングジコチューの声を聞いているベールですら知らなかったのは以外。新たな幹部となること必至だが、果たしてチームワークはとれるのか? 

次回はプリキュア版ちはやふる? 六花なら全ての歌を記憶してるでしょうから太一タイプかな(笑)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック