ソードアート・オンラインⅡ第3話感想

タイトル「鮮血の記憶」

シノンこと朝田詩乃の物語とキリトの物語が交錯しようとしている……。
詩乃の過去とGGOをはじめたきっかけが明かされた。
正当防衛とはいえ、偶然銃を使って強盗犯を射殺してしまったことによるトラウマが、今でも詩乃を苦しめている。「助けて……」という彼女の願いは……キリト君が解決するフラグが立っていますね!

フェアリィ・ダンス編では、ヒロインが自分の妹であることに気づくのが物語後半でしたが、ファントム・バレット編ではリアルでは全くの他人で出会ったこともない二人なんですね。ゲーム世界で二人が出会っていくことになると思いますが、ゲームと現実とが上手く繋がるようなシナリオ作りをしていますので、詩乃と和人もリアルで会うことになるのかな? 浮気性のない和人ですが、和人に惹かれるヒロインは失恋するフラグが立ちますので、詩乃にはそうなって欲しくはないと思います。

物語のプロローグで3話を費やす丁寧なシリーズ構成で、作画も安定。バトルシーンも見応えがありますので、これからも期待して見ていけますね。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村



ソードアート・オンラインII 1(通常版) [DVD]
アニプレックス
2014-10-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソードアート・オンラインII 1(通常版) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック