ソードアート・オンラインⅡ第7話感想~償いの方法~

タイトル「紅の記憶」

日常編となる1話。和人と詩乃のBoB本戦に向けての胸の内が描かれました。
和人は自身の悩みを明日奈や直葉に言えずにいましたね。それは心配をかけたくないと思う優しさでもありますが、人の命を断たせたことの罪の意識を自分一人で背負って解決しようとすることで、逆に心配をかけさせているとも言えますね。明日奈や直葉は、心配しつつも、和人に事情があってのことだと理解してくれました。
大切な人を守ろうとする強い心が和人の強さになるのだと信じています。

誌乃はキリトとのバトルで、本来の自分に戻ろうとしている? 誌乃に言い寄る友達を見ていると、フェアリィ・ダンス編でのレコンを彷彿します。フラれてしまうフラグが立っているような気がしますが、本当の誌乃を見ようとしておらず、トラウマを抱えたままの誌乃に好意を持っている印象を受けました。キリトが誌乃の悩みを解決しそうですね。

久々登場のクライン、パーティの中で男子一人の彼ですが、モテモテなのではなくて、良い人止まりの関係に落ち着くタイプだと推測(笑)。美女に囲まれて鼻の下を伸ばしている時が一番の至福タイムなのでしょうね。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

ソードアート・オンライン ソングコレクション
アニプレックス
2014-08-27
戸松遥

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソードアート・オンライン ソングコレクション の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック