ソードアート・オンラインⅡ第13話感想

タイトル「ファントム・バレット」

GGO編最終話……かと思いきやまだ続きます!
デス・ガンの正体がようやく判明したわけですが、コナンや金田一のように、身近にいる最も怪しくなさそうな人物が犯人でした。
新川兄弟が主犯だったわけですが、手口はキリトが推理した通り。アバター名「ステルベン」と「シュピーゲル」の二人がゲーム世界と現実世界で同時に犯行を行なったことになる……。
BoB本戦中に二人殺しているものの、恭二が直接手にかけようとしたのはシノンだけのようなので、ペイルライダーとギャレットを殺害しからてシノンの家に向かったとは考えられない。偶然住所が近いキャラを狙ったのかも不明なままである。キリトのようにリアル住所が不明なキャラは殺しにいけないことになる。ペイルライダーとギャレットを殺害したのは誰なのか? キリトが危惧している3人目の共犯者の姿がまだ謎である。

詩乃の背中を押したのはシノン。現実世界で諦めず立ち向かおうとした強さは、キリトと出会ったことで身に付けた強さですよね。
BoBで最後は仲良く相打ち自爆……というオチは笑えました。決着は次回の大会まで持ち越し……って、キリトはデス・ガン事件が解決したらALOに帰るのでは? キリトと別れたくない気持ちが見え隠れしているシノンの行動が可愛かったです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

2015カレンダー ソードアート・オンライン II
エンスカイ
c2014 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAOII Project

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 2015カレンダー ソードアート・オンライン II の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック