ソードアート・オンラインⅡ第10話感想~人殺しの手~

タイトル「死の追撃者」

銃士Xさん無惨……キリトとどんな死闘を繰り広げたのか分からないまま敗北(涙)。美形の女性プレイヤーだっただけに戦闘シーンがないままなんて扱いがひどい……。これは、ガールズ・パンツァーを見習って、「ソードアート・オンラインⅡ これが本当のキリト対銃士X戦です」編を、BD/DVD特典映像にするべきです!(笑)

今話はキリトとシノンがお互いの心の闇を打ち明けるお話。
デス・ガンの追撃が、ターミネーターみたいで怖かったです。
シノンがトラウマモードで戦うことから逃げ出そうとした時、キリトは本当の事を言う決心がついたのでしょうね。
シノンが抱えている心の痛みを理解することができたからです。

キリトと再び決着をつけるという目的から、自分自身が前に進むための戦いとなり、デス・ガンを倒すことが目的にかわりました。
シノンが現実世界でも強く生きられるようになるのも今回のテーマですね。キリトは決してシノンを見捨てることはないでしょう。そして、さらに強い心で、デス・ガンと決着をつけることを期待します。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

2015カレンダー ソードアート・オンライン II
エンスカイ
c2014 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAOII Project

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 2015カレンダー ソードアート・オンライン II の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック