ソードアート・オンラインⅡ第21話感想

タイトル「剣士の碑」

スリーピング・ナイツだけによるボス攻略に挑むユウキ達の物語。
前話で突如助っ人に現れたキリトにも充分見所があり、見応えのある1話であった。
キリト対ギルド加勢隊との対決では、キリトの剣技にしびれます(笑)。砲撃魔法を剣で防いだ技は、「ガンゲイル・オンライン」での経験によるものでしたね。銃弾を剣で防ぐのと同じ感覚で成し遂げてしまいましたが、魔法攻撃に対する新たな防御方法であったのでしょうね。誰も試みようとしないことであったでしょうし、できるとは思わなかったのでしょう。自身のスキルを活かしたことができてしまうゲームシステムが凄いです。

今話では、スリーピング・ナイツのメンバーに何やら秘密があることがほのめかされました。パーティーの解散理由が明かされないことに何か理由があるようです。
ユウキとアスナの関係についても、今話では明らかにユウキの方が年下であると感じました。それだけアスナが頼もしく見えたのですが、アスナに対するユウキの接し方に子供っぽさを感じたのです。アスナに姉の姿を重ねたものと思われますが、その事がユウキを動揺させてしまったようですね。

ボス攻略でめでたくハッピーエンドになるかと思いきや、ユウキの物語はまだ終わっていませんね。

今話でもうひとり注目する人物は……クライン! キリトの要請で助っ人に駆けつけたのでしょうが、スリーピング・ナイツの為にクラインが加勢する義理はなかったはずです。まして、大人数を相手にして勝てないことが分かっていたにも関わらず了承したのでしょう。キリトやアスナを想う人情が彼を動かしたのだと思います。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック