カードキャプターさくら クリアカード編 第12話感想

【タイトル】「さくらと氷の球技大会」
作  画  :10(小狼のバトルシーンがイケメンすぎる!)
ストーリー :10(謎のフードの人物の正体はまさか……)
演  出  :10(前話の伏線と新たな夢の意味が不穏すぎる)
衣  装   :10(こんなこともあろうかの知世の用意は完璧)
============================================================================================
<オリジナルカード登場回>
前話の会話の中にでた球技大会をアニメオリジナルストーリーにして実現。その中で、さくらや李小狼、秋穂らの見せ場を設けている。バスケットボールでのさくらの動きが滑らかで、スポコン作品としても通用する作画でした。
そして、前話でカメラ撮影に失敗したケロちゃんと知世のやり取りを伏線として、カメラマスターとなったケロちゃんを再び撮影役にしていることも、知世との特訓があったのだと想像できる。試合を撮るのではなくて、さくらの活躍だけを撮ることに専念したケロちゃんの行動から知世が好む撮影シーンを理解していることが分かる。
そして、さくらを巡るライバル対決……というわけではないのですが、小狼対秋穂のバドミントン対決。文科系のイメージのある秋穂の善戦と運動神経の良い小狼との互角の試合もアニメオリジナルの展開で見物である。

<夢>
今話で初めて秋穂の夢について語られている。さくらがが見る夢と秋穂の見る夢が何を意味するのか?
魔力のある者が見る夢は予知夢であったり、他の魔力ある者との接触を仄めかす内容である可能性があるのだが、秋穂には魔力がない(……という設定である)。秋穂に何か特別な力があることは否定できないが、さくらと秋穂の夢の謎が少しづつ明らかになっていくことだろう。

<最近よく眠るケロちゃん>
朝寝坊したり、日中居眠りしたり、よく食べたり(食いしん坊なだけかも)と、ケロちゃんの寝ているシーンが多くみられる。雪兎の前例があることから、さくらからの魔力供給が減っている? 夜遅くまでTVゲームをしていることがあるためミスリードなのかも知れないのだが、よく寝てよく食べるケロちゃんのずぼらなシーンが今後も描かれることであろう。

<小狼の新技>
アニメオリジナルの「氷雹」が登場。かなり攻撃的でした。“招来”系魔法では通じなかったので、“本当はつかいたくなかった”魔術を使用した様子であった。なぜ、クリアカードに効いたのか? 小狼の魔法の謎も今後の重要な伏線ですね。

今話のお気に入り台詞
「まだまだ子供だなって思う事と、大人になったなって事。どちらもたくさんあって。でも本当にいい子に育ってくれてますよ」
娘の成長をちゃんと理解して見守っているお父さん。亡き妻への報告が感慨深い。子供っぽいところは、仕草が昔のままなので分かりますね。大人になったなったって事は、小狼という大切な人ができたところなのかなって気がします。


にほんブログ村

カードキャプターさくら クリアカード編 Vol.2 初回仕様版 [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2018-05-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カードキャプターさくら クリアカード編 Vol.2 初回仕様版 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




カードキャプターさくら Parfait Mimi 夢の鍵 ネックレス【cosme】
タカラトミーモール楽天市場店
商品番号 : 4904810970644 メーカー : タカラトミー パッケージサイズ : W70×


楽天市場 by カードキャプターさくら Parfait Mimi 夢の鍵 ネックレス【cosme】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック