バミューダトライアングル第9話感想

第9話「ね、君も食べる?」

<映画デビュー!>
地方ロケでの撮影隊にスカウトされたのは……キャロ!
都会でアイドルを目指していたカノンではないのである。
なぜキャロなのか?
ムードメーカーで周囲を明るくさせる。とにかく表情が良いのだろう。感情が出やすいこともカメラ受けする。
主役キャラのオーラには及ばないが、キラキラした原石の輝きがキャロにあったのではないだろうか。

演技や舞台の経験などないキャロである。撮影がすんなり成功する筈はないのだが、仲間達のアドバイスでやる気を取り戻すところにカラフル・パストラーレらしさがある。
キャロは意識しすぎず自然体のままなのが一番魅力なのである。

余談だがフェルマのアカペラソング…キャラクターソングとして完成版が聴きたい(笑)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック