ガンダム00 #21「滅びの道」~沙慈よ、強くなれ~

アレハンドロの思惑によって動いていこうとする世界…殺那達ガンダムマイスターの知らない所で暗躍する彼こそが真の敵なのでは!? 私はさらに彼を誘導しているリボンズこそが最も怖れる敵ではないかと推測しておりますが…。トリニティの後盾すら用済みになるといとも容易く抹殺できる組織力は戦争屋よりも凶悪であった。捨て駒にされるトリニティとソレスタルビーイングであるが、人の抗う力は計り知れないものです。
殺那が見たマリナとの幻想とは…戦火の後に咲く花は、殺しあうことではなく育てていく未来を指し示すものである。平和の為に戦うことが使命である彼が、戦いの後に築いていくモノが何なのかを問う意味ではないだろうか。マリナという存在が、戦争から平和への象徴であるように思える。結局彼は生きる命を戦いに注ぎ込むことで、マリナとは別の道を選ぶのだが、彼がマリナを意識しだした事が重要である。
ルイスの事で傷心中の沙慈であるが、姉の死…しかも再び『ガンダム』絡みで大切な人を失う事になるとは、一気に不幸ルートに陥ってしまいました。
    「事実を求め、繋ぎ合わせればそこに真実がある」
真実を求める者が次々と消えていく…。沙慈も真実を追い求めるのか!?
姉の無念に、ルイスから託された夢が重くのしかかる沙慈であるが、このまま終わって欲しくない。彼の存在はアレハンドロや王に比べればとても小さい。しかし、無力な彼がどう前に進んでいくのか、様々な視点でガンダムを観た時、彼の存在が物語の核となっていくことを期待したい。

"ガンダム00 #21「滅びの道」~沙慈よ、強くなれ~" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント