ガンダム00 #23「世界を止めて」~ロックオンが望んだ世界~

本話はロックオン・ストラトスに尽きます。彼のガンダムマイスターとしての生き様をしっかりと焼き付けておきましょう。

ネーナが殺那と共に行かなかったのは予想が外れました。兄の死を乗り越えることができるのか…。沙慈といい不幸ルートに陥る人物が増えています。
擬似GNドライブ搭載型MSとの戦闘であるが、互角の戦いを続けていただけにあっけなく撃墜されており、強敵扱いから格下げされた模様。機体の性能で勝負を左右しており、トランザムシステムに頼る辺り、燃える熱血シーンがいささか不足か? SEEDアスランがザクに乗って新型ガンダムと互角に競り合ったように、エースパイロット同士の対決も期待してしまう。
エースといえば、やはり死ななかったコーラサワー。どんな窮地でも生き延びるスキルはある意味最強です。
ロックオンの戦いであるが、ハロも格好良いですね。対サーシェスとの戦いで、家族の仇として狙い討つ怒りをロックオンに感じましたが、世界と向き合うことができずにいたのは、戦争に対する憎しみが彼を縛っていたからなのですね。仇を討っても元には戻れない家族…誰もが生きる未来がある世界こそ、ロックオンが望んだ世界であったと思います。
ロックオンの死を知ったクルー達…フェルトがあんまりじゃないですか! 告げずに終わった恋…またしても不幸少女を誕生させるとは、戦争の痛々しさをシビアに伝えたいという狙いなのか? EDのような光景が二度と見られなくなりましたが、トリニティ兄弟同様まだ逝くにはやすぎるのではないですかロックオン…。

今話の名台詞
「よう…お前ら満足か? こんな世界で…俺はいやだね」(ロックオン)

"ガンダム00 #23「世界を止めて」~ロックオンが望んだ世界~"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: