ガンダム00 セカンドシーズン #09「拭えぬ過去」

サーシェス強襲! 両足に仕込まれたビームサーベルの機体はガンダムSEEDのジャスティスガンダムを思い出します。一機で刹那とティエリアと互角の戦闘をするサーシェスのパイロットとしての技量は流石ですね。ミスターブシドーのような名パイロットらと編隊を組めばガンダムチームらを圧倒できる筈ですが、タイマン勝負に拘るのが彼らの性なのですね。

戦闘用というヒリング・ケア……彼女の登場は物語後半なのでしょうね。きっとサーシェスやミスター・ブシドーを凌ぐ腕前を持っているに違いありません。しかし、コーラサワーのような強運を持ち合わせてない以上、幕引きは早いのかも?
リボンズとヒリング、リジェネとティエリアが対となるのなら、リヴァイヴの対となる人物もいることに? OPに登場している茶髪の2人組みの登場も気になりますが、「コードギアスR2」でのナイトオブラウンズのようなあてがま的なキャラにはなって欲しくないですね。

ルイスの身体は毒性をもつGN粒子による細胞障害に侵されていた! 彼女が飲んでいる薬はその症状に対するものなのでしょうけど、時折起こる頭痛はやはり遺症か? 彼女の寿命が蝕まれているかどうかは分かりませんが、彼女に笑顔が戻る日は来るのでしょうか? 刹那がソレスタルビーイングである事を知ったものの、彼に対する恨みはなさそう。但し、ガンダムのパイロットとして戦場で合間見えた時、2人は戦う運命なのでしょうね。諸悪の原因はネーナにあるのですけど、彼女と戦う日は来るのだろうか?

ライセンス取得者のリヴァイヴ。スメラギの作戦を見通しており智略にも優れているようです。
一方のセイセンス取得者のミスター・ブシドーのワンマンはすっかり評判のようですね。

ビリーとミスターブシドー……「ブラ‥」おっとここでミスターブシドーの本名の一部が明らかに(笑)。ミスター・ブシドーと勝手に呼ばれているようですが、公式HPでもそう出てますし、本名を明かさない彼の所為なのでは? ビリーの開発した試作段階の機体はやはり彼が乗るのですね。最強のスピードは前作でのお馴染みの機体の改良型ともなれば容易く造れそうですが、最強の剣となるとビームサーベルを凌駕した剣を開発したのでしょうか? 試作機である以上刹那に勝つ事はないでしょうが、完成機の登場は後半でのお楽しみという事で。

そしてあの男がまたやってくれました♪ コーラサワー八度目の記録更新おめでとうございます。

公式HPに名前だけ紹介されているリー・ジェジャンが戦死……彼の功績が記されることを祈ります。

ソレスタルビーイングの指揮官の正体を確信したカティ。タイトルの「拭えぬ過去」とはルイスの過去を意味していると思ってましたが、ロックオンを失った過去、スメラギの過去にも繋がる物語で意味合いを持たせていました。

"ガンダム00 セカンドシーズン #09「拭えぬ過去」"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: