ガンダム00 セカンドシーズン #23「命の華」

リジェネの反乱もリボンズ抹殺後の段取りを疎かにしていた為、容赦なく捨て駒にされる。
王留美やソレスタルビーイングを動かしてリボンズに対抗しようとしていましたが、ただ強欲なだけでイノベイターという人種も人類とかわらぬことを晒してしまった。

イノベイター対ソレスタルビーイングの決着で、物語はフィナーレを迎えるようである。
コロニー型外宇宙航行母艦がリボンズの本拠地であり、墓標となるのであろう。ラスボスと共に登場する宇宙要塞はガンダムシリーズの定番となっておるが、傘型のデザインが格好悪い……。

最終MS戦はトランザムのオンパレード。大量にいたイノベイター達がーであるが、ただの鉄砲玉とは……。
ガンダム級のMSでトランザムを使われでもすれば脅威でしょうが、簡単に撃ち落されていくイノベイター達が情けない。シューティングゲームの雑魚扱いでは、無人のトランザムミサイムでもいいのでは?
散っていく華のように命が消えていくわけですが、イノベイター側に同情は沸きませんね。

不死身の男コーラサワーの伝説は終わらない!
自ら盾となりながらカティへ告白! これがルイスをかばったアンドレイなら死亡確定ですが、コーラサワーですよ!
何度も騙されてきた伏線がありますから、例え危機的状況で撃ち落されようとも、視聴者側からは絶対生きてると思わせてるので、ラストのエンディングもしくは、その後のエピローグで登場してくることを期待しています。

ライルの相手はサーシェス。刹那との因縁の対決があるかと思いましたが、兄の敵討ちをさせるとは……憎しみの先には何も生まれないのではなかったのですか? 

沙慈の相手はルイス。刹那が一緒の為、刹那がルイスと戦うことに。おまけでついてきたアンドレイはあっけなく刹那に撃退。死ななかったのは、まだ彼にやらせる役目があると言う事ですね。

ソーマはセルゲイの敵としてアンドレイと戦いたかったはずですが、アレルヤと一緒に雑魚退治。強敵との戦いで見せ場がないのは悲しいですね。アレルヤもパートナーをソーマと呼んだりマリーと呼んだり今ひとつはっきりしてない所がありますね。

オートマトンに1人で立ち向かおうとするスメラギ。そこで会ったのはビリー! ここにきてようやく2人の決着となりました。どちらも死亡フラグが立っていて不安ですが、沙慈とルイスのようにわかり合えることになるのかな?

ティエリアは単独でリボンズと対決。ここでリボンズを倒しヴェーダを奪還してミッション完了! ……とすんなりいくとは思えませんが、リボンズは刹那と戦って決着をつけるべきだと思います。

宇宙にあがってからますますヒロイン度が低くなったマリナ。刹那に会いたいとも、戦いをとめたいともせず、傍観者のままでいいのか?

今話の見所はコーラサワーの男気に尽きます! 

"ガンダム00 セカンドシーズン #23「命の華」"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: