「マリア様がみてる」4thシーズン

【タイトル】「キーホルダー」
作  画  :9(瞳子への想いを語る祐巳の表情が輝いている)
ストーリー :8(一周り大きくなった祐巳)
演  出  :9(ティーカップの温め方からお茶を入れるまでの作法がエレガント)
百合度   :10(志摩子&乃梨子姉妹の絆が美しい)
======================================================
【批評・感想】
瞳子の真意が分からないことと、瞳子に対する祐巳の気持ちに変化が現れたことで、2人の関係を心配する乃梨子や由乃、祥子達の心情を描いている。
祐巳からの視点ではなく、各キャラクターからの視点で祐巳を観ている為、視聴者側も祐巳の気持ちを洞察する立場にたたされるので、それぞれの心理を考察していかざるをえない。最後で祐巳の本心が語られたことで解決するのだが、祐巳が悟りを開いたように変わったのが急すぎる印象を受ける。

今話はいつにも増して乃梨子の台詞が多い。といっても心の中の台詞でもあるのだが、乃梨子は顔の表情で気持ちを理解できるタイプですね。祐巳のまっすぐな瞳が、瞳子への想いの深さを表しており乃梨子が抱いていたモヤモヤを払拭させたのであった。

"「マリア様がみてる」4thシーズン"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: