ガンダム00 セカンドシーズン #24「BEYOND」

GN粒子が人類を導く……「逆襲のシャア」で光に包まれたラストを思い出します。
脳量子波による語り合いで、互いの気持ちを知り合い、それぞれの対決が解決されていきましたね。
これまで好評の(?)裸祭りを全員させるのはさすがに回避したようです。

悲しみのヒロインであったルイスがようやく沙慈と分かり合えたことで、EDに見るハッピーエンドがほぼ確定しましたね。リボンズによって操られ、アニューの二の舞になることが回避されたことがなによりです。

サーシェスは刹那と戦うことなくここで退場。彼ほど人と人とが分かり合える世界で生きていくのが似合わないキャラはいないでしょうね。ライルがようやくガンダムマイスターとして戦う決意をした瞬間でもありました。

ティエリアが人の形から、ヴェーダと一体となったことも、「ガンダムX」のファーストニュータイプ「D.O.M.E.」と同じ印象を受ける。イオリヤ計画によって始まったガンダム00でしたが、イオリヤという1人の天才によって変革を促されたことになり、人類をイオリヤの思念通りに導くことが人類のつくりだす未来になるのかというのに疑念を感じる。人類の意志を統一する……「北斗の拳」のラオウや「コードギアスR2」のルルーシュが絶対的恐怖による統一を図りましたけどね。
イノベイターの支配から解放した後の導き手を不明確にしたまま、戦うだけのソレスタルビーイングがどう責任をとって人類の変革を目指すのかを最終回に期待します。
人類が出会う外宇宙との“意志”とは……次回作への伏線であろうか? ガンダムの物語が宇宙規模になっていきそうです。

最終回は刹那VSリボンズ。リボンズが乗る機体はガンダムかと思っていましたけどね。ファーストシーズンのラストでアレハンドが乗っていた機体より弱そうで……トランザム機能はもちろん強力なシールドはあるのでしょうけど、
ヴェーダとのバックアップもなく、主人公補正で無敵を誇る刹那に勝てる気がしません。

ヴェーダは最後に要塞共々爆破するものと思ってましたが、ティエリアがヴェーダの意識となったことから、未来永劫の存在に? 「キャプテンハーロック」のトチローのごとく、外宇宙との対話に必要な宇宙船の中央コンピュータとなるのであろうか……。

"ガンダム00 セカンドシーズン #24「BEYOND」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント