ぬらりひょんの孫 第2話 感想

悪行を重ねるぬらりひょん……無銭飲食を得意としており、これらの悪行をリクオにもさせようとしている。
人間界から恐れられ、畏怖される存在の妖怪がしていることにしてはスケールが小さいような……。弱小妖怪達を束ねているのが奴良組のようですので、それ相応の悪戯を日課としているのですね。

どじっ娘の雪女がポイント高し!(笑) 実に微笑ましい妖怪達であります。

鴆(ぜん)登場! 杉田ボイスが実にいい!! 地獄少女に登場した輪入道を彷彿させる乗り物に乗ってきましたが、妖怪界の一般車はああいうものなのですね(笑)。
リクオ覚醒! 第1話では見れなかったですが、夜になるといつでも妖怪バージョンになれるようですね。

そして3人目のヒロインゆらも登場!
次回は彼女の魅力を堪能できることを期待します。

次回予告で衝撃事実! リクオの髪が横になびいているように見えるのは……祖父の頭を見れば納得ですね(苦笑)。


ドラマCD『ぬらりひょんの孫』
集英社
2009-12-18
椎橋寛

ユーザレビュー:
終始楽しく聞けました ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


"ぬらりひょんの孫 第2話 感想" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント