みつどもえ第4話感想~佐藤陥落~

タイトル「乳と白パンツと小生」

三部作のストーリーで構成されている。

一部目はふたばの芸術性溢れるデッサンで、クラスがまとまっていく話……オチはハムスターのチクビと同じパターン。栗山先生に変態学級の烙印を押されることなるのだった。
矢部っちがなぜ栗山先生に嫌がられているのかを全く理解していないところに、誤解が生む人間関係の恐ろしさを感じさせる。

二部目はみつ子の絆を描いた話。みつばのツンデレが定番のパターンである。王道ではあるけれど、3人の思い出を共有し合っていることが微笑ましい締めくくりであった筈なのだが……ひとはの一言が真のオチであった。

三部目は成績優秀 容姿端麗 エーストライカーでモテモテの優等生の佐藤信也が、ふとした誤解で落ちていく様を描いている。善意で行っているふたばと罠に嵌めようとする千葉、そして誤解を確信へとさせてしまうみつばらとの人間模様が愉快なのであるが、あまりにも可哀想な当佐藤君に挽回の機会は訪れるのであろうか?

キャラクター虐めでオチをつけると後味がすっきりしないものであるが、『みつどもえ』の作風はそれを日常化しており、ギャグストーリーとして割り切りさせているように見受けられる。次回は誰がターゲットにされるのであろうか?


みっつ数えて大集合!
ランティス
2010-08-11
みつば(高垣彩陽)・ふたば(明坂聡美)・ひとは(戸松遥)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by みっつ数えて大集合! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"みつどもえ第4話感想~佐藤陥落~"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: