ぬらりひょんの孫 第7話 感想

第1話冒頭のに繋がるストーリー。ジャンプ漫画の伝統でしょうか、引きが長いw

牛鬼の側近である牛阿頭丸と馬頭丸……強そうなキャラでしたね。見せ場少なく退場です。
リクオを抹殺しようとするのなら、手を抜くべきではなかった。牛鬼四天王とか、牛鬼将軍とか、他に使える配下は……いないようですね。リクオがあっさりと牛鬼のもとに着いてしまったのもあっけない。
この後第1話でのやりとりがあるのでしょう。牛鬼の覚悟とやらが伝わってこず、本気で殺し合うのか成り行き任せなのか分かりませんが、次回のお楽しみということで。

バトル面では消化不良でしたが、妖怪リクオとカナとの邂逅は雰囲気が出てよかったです。カナが妖怪リクオの正体に気づく日はくるのでしょうか?

ホテルで寛ぐゆら達……あえて交流させない展開にさせたいのですね。その他大勢扱いになっていくゆらが可哀想……。




ぬらりひょんの孫 第1巻【初回限定生産版】 [DVD]
東宝
2010-09-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ぬらりひょんの孫 第1巻【初回限定生産版】 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"ぬらりひょんの孫 第7話 感想"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: