けいおん!! 第22話批評・解説

【タイトル】「受験!」
作   画 :10(合格発表の結果を知った梓の笑顔に)
ストーリー :9(合格おめでとう!)
演   出 :10(先輩達を想う梓の不安を丁寧に描いている)
軽 音 楽:8(部室で深まる友情もいよいよ見納めか)
============================================================================
女の子同士でのバレンタイン。誰も彼氏や片想いの人はいない!? と、いたら大変な事になりますので、ファンを大切にした女子高ライフですね。
コミック3巻バレンタイン回を見事にアレンジした花田十輝の脚本がお見事。
原作では澪の為に作るバレンタインであったが、シリーズを通して唯のお気に入りとなったことで、唯&あずの路線を活かしている。オリジナル路線と云えどシリーズ全体の流れを壊すことのない作風を守っているのである。

【梓のドキドキバレンタイン】
“卒業”していく先輩達。一緒に部室にいて、お茶してお喋りして、たまに練習もして(笑)の部活動ももうできない。
放課後にいつもいる日常がなくなることへの不安を感じた梓は、チョコをあげるのを躊躇ったのである。
第1話の始業式のシーンと梓が卒業していく先輩達を想うシーンとを同じ構図で対比させた演出に感動する。

優しい先輩達のおねだりで、チョコをあげることができた梓。バレンタインではなく、日ごろの感謝と誤魔化すツンデレ属性も、バレバレなのが視聴者にも丸分かりなのである。当然律もそのことを知っていたに違いない。梓を見る視点が律と視聴者が同視することにより、よりストーリーに入り込むことができる。

【性格表現の現れでもあった雪景色観察】
行動派の梓と律はすぐに窓に移動。2人が興味を示したことに対して、子供心のように興味を惹かれた紬、みんなが楽しそうにする中、仲間外れになるのが嫌な澪も移動。天然を発揮する唯。みんな一緒になっていることは、バラバラにならない絆の結びつきを示している。

【みんなで笑顔】
梓の本音はみんなといること。律⇒紬⇒澪⇒トンちゃん⇒(視聴者から見た)梓⇒唯と梓を見る視線の先に何を想うのか? カメラワークで切り替える描写の中で、それぞれの想いを理解させる間の取り方であった。

【最高の笑顔!!!!!】
授業中に合格を知らされた憂と梓。
憂の表情を見せなかったが、これはもう大好きなお姉ちゃんの合格である。梓でさえ、うれし涙をこらえての笑顔であったのである。憂はうれし涙でいっぱいであっただろう。

【一言&重箱の隅つつき】
イギリスのミュージシャンであるキース・ムーンのいたバンド名が『ザ・フー』。ドラマスだったキース・ムーンは律のお気に入りである。
憂のマフラー柄が『化物語』の八九寺真宵のリュック柄に見えたのは気のせいだろうか。


ねんどろいどぷち けいおん! (ノンスケール ABS&PVC製塗装済みトレーディング可動フィギュア) BOX
グッドスマイルカンパニー
2010-12-25

ユーザレビュー:
「だってねんぷちだよ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ねんどろいどぷち けいおん! (ノンスケール ABS&PVC製塗装済みトレーディング可動フィギュア) BOX の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



けいおん! (4) (まんがタイムKRコミックス)
芳文社
かきふらい

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by けいおん! (4) (まんがタイムKRコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"けいおん!! 第22話批評・解説" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント