「ハートキャッチプリキュア」第36話感想

タイトル「みんなが主役!私たちのステージです!!」

サブキャラ大集合の学園祭!
ななみの妹るみとパパ 
ラーメン屋の息子で野球部のあきら君は焼きそぎモグモグ 
カンフー大好きのなおと君は着ぐるみ怪獣と格闘 
番君のプリキュア新刊を売り子しているのは番くんのママ 
かなえの写真展には第6話でかなえにスクープ写真をとられて嫌悪感を抱いていた西原君が来ており仲直りしている様子  
前話でデザトリアン化された映画部の杉山君と映画を観て涙を流している園芸部の部長アヤ
その他大勢のモブキャラがアバンで登場!
えりか つぼみ いつきの家族も大集合! ゆりの家族もどこかに?

前話でえりかがデザイン直しをした衣装……大正浪漫の花が咲くつぼみとえりかが素敵です♪
いつものトリは軽音楽部なのが今回はファッション部に……アニメ「けいおん!!」への対抗意識でしょうか(笑)。
生徒会長が所属し、カリスマモデルのももかが出演するファッション部に便宜を図ったものと思われますが……私立明堂学園の軽音部も「けいおん!!」並の気合の入れようでした。

あや&まゆがデザトリアン化! さらに合体化。
四人のプリキュア変身シーン。短縮バージョンですがトリを飾るのはキュアムーンライトですね。
サンシャインのバリアとムーンライトのコンビは攻撃&防御において完璧! 今話でもキュアムーンライトの動きが他のプリキュアを圧倒しております。シールド担当となったサンシャインと必殺技要員となったブロッサム&マリン。役割分担が決まったとはいえ、最弱プリキュアの称号が生き続けている主人公のブロッサム……

「(あえて)けいおん!!」と「ファッション部」とのコラボ! 戦うメインのプリキュアではなく、女の子らしい可愛さを完璧に引き出した音とアニメ画とのビッグステージ。
砂漠の使徒に巻き込まれた被害者達との関係を1話だけにせず、ずっと繋がって演出に協力するシリーズ構成が見事成功した回である。
さらにデザトリアン化された二人は、オープニングとエンディング担当のボーカリスト。日常の台詞は違和感があり、他の声優の演技との差が明らかであたったものの、ステージで披露した新曲はさすがプロ! 今回だけの使用は勿体無い曲ですがこの演出は素晴しい!!! 
タイトル通りみんなが主役となって〆たステージはキャラクター全員分のパワーが溢れ出しておりました。

 
「ハートキャッチプリキュア!」後期新EDテーマ/「Tomorrow Song ?あしたのうた」(DVD付)
Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M)
2010-09-08
工藤真由

ユーザレビュー:
高く飛ぼう!ココロの ...
壮大な曲!工藤真由さ ...
(感想)カップリング ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「ハートキャッチプリキュア!」後期新EDテーマ/「Tomorrow Song ?あしたのうた」(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





"「ハートキャッチプリキュア」第36話感想"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: