STAR DRIVER 輝きのタクト 第二十一話感想…まさかカナコにもっていかれるとは!

タイトル「リビドーなお年頃」

アバンでタクトと再戦するコウ。終盤ではマドカとタクトとの再戦を描いており、2人ともファイターとしての役目を果たし、そして去っていった。その潔さが素晴らしい。そして負けた相手がワコであったこと。タクトを失いたくないとするワコ自身の気持ちを強く打ち出し、ヒロインとして復活した回でもあった。

リョウスケの治療でプロフェッサー・シルバーがマッサージをして筋肉の硬直をやわらげいたのが現実的であった。
綺羅星十字団でリョウスケの存在を知っているのはヘッドに近く、信頼のおける人物だけなのであろう。バニシングエージ内でも隠された存在であったからだ。キャメルスターには感づかれたようだが、前回の戦闘後、彼が何をしようとしているかは触れられていなかった。スティックスター・ソードスターらと共に影に隠れてしまうのか? 新キャラのコウとマドカに取って代わった扱いが不憫である。

<ヘッドの回想シーン>
ソラを甘美にさせるヘッドの言葉…イケメンにしか許されない台詞ですね(笑)
サカナちゃん再登場!(回想シーンだけどw) 喜びの感情を露にするサカナちゃんは無垢な少女のよう。気を許している相手にしか見せないサカナちゃんの姿がありました。
ヘッドが力を求めているのは、失ったモノを取り戻したいから? サイバディによる世界の支配などという理由はさらさらないようでした。


<オーバーフェイズシステム>
エヴァとのシンクロリンクのような描写でしたね。マドカに首をしめられたタウバーンと同じアザでできるタクトもエヴァっぽい(笑)。


<カナコが〆た第21話>
ワコの能力の秘密…巫女の能力云々より、その本質を見抜いたカナコ。ふざけた発言のように見えていても、ワコの心を的確に捉えていたのだ。シモーヌへの教授もカナコ自身がもっている強さの表れでもあった。


<役不足だったタカシ>
才能はあってもリビドーのないタカシはタクトに勝つことはできないでしょう。バニシングエージの中で、彼の存在は小さく何も成し遂げられるものがなかったのである。
カナコはタカシの使い方を心得ており、タカシの存在理由を与える人物なのである。だから、タカシはカナコの元に戻ったのだ。

次回はスガタに何かが起こる!? ワコとタクトのキスシーンが許せずOPで影のシルエットとなっていた(王の?)サイバディとアプリポワゼしてしまうのか?





STAR DRIVER 輝きのタクト 銀河美少年伝説 特典 南十字学園スペシャルディスク付き
バンダイナムコゲームス
2011-03-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by STAR DRIVER 輝きのタクト 銀河美少年伝説 特典 南十字学園スペシャルディスク付き の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"STAR DRIVER 輝きのタクト 第二十一話感想…まさかカナコにもっていかれるとは!"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: