STAR DRIVER 輝きのタクト 第二十二話感想…部長によってまさかの超展開に!?

タイトル「神話前夜」

<宇宙規模のストーリー>
サイバディはどうやって創られたのか?
過去の遺跡は、地球外の文明によるものであった可能性を示唆した部長ことエンドウ・サリナ。ワコらの良き理解者であるサブキャラのままではなかった! そしてもう1人の声の主は副部長!? ただのマスコットキャラではない気がするのは、謎多きキャラであった部長がなせる印象付けの所為である。

「イカ大王」「船」「サカナの惑星」…サカナちゃんの物語に出てきたキーワードが劇に出てきましたね。
シナリオを考えた部長に興味を示したヘッド。部長を通してサカナちゃんを見ていたのかも…しかし、部長はヘッドを見た目の若さとは違う“親父”と見抜いており、ヘッドに接近することはないものと思われる。

エントロピープル…魔力を使わないと決めた銀河の一族が、部長と副部長の正体なのか!?
巨大な魔力をもつ船…サイバディの王であるザメクのこと?


<スガタ名男優賞>
男は誰でも1本のナイフを持っている! 
スガタの名台詞きたー! ヘッドは2本のナイフを持っているから両刀使いなのでは(苦笑)

<タクトが好きになった女性>
オカダ・ハナ…素人っぽい声だと思いましたが、OPを歌う「9nine」の一員。そして他の女子生徒役にもメンバーが友情出演している。「スガタくーん!」と叫んでいた女子生徒の声が彼女達であったのですね。 
ワコはハナと自分とは全く違うタイプの女性であることを知った。もしも、自分と同じような性格の女の子であったなら、タクトが好きになったのは自分ではなくて、ハナの面影のある自分であると思っただろう。タクトが好きなのはあくまでもワコであることを改めて知ったのである。


<物語はクライマックスへ>
演劇のストーリーが、本編に関っているのは明らかであり、部長の正体を曝したことで、劇と島で起きている綺羅星十字団との争いを関連付けし易く見せている。部長のアドリブは、タクトの心中を聞き出すためであったと考えられる。あくまで物語の主役はタクトであり、部長は見守る役でしかないのだ。だから、劇の最後は部長には書けなかった。どんな結末を迎えるかは当事者次第だからだ。


<スガタとケイト>
第18話で描かれたケイトの巫女の務めが再び!
今話でスガタはケイトが巫女であることを知った。恥らうケイトが超デレ状態で可愛さアップ!(笑)
今回の事でスガタの心境に何らかの変化が生じるのか!? タクト・スガタ・ワコの人間関係にケイトが加わって人間模様が変化しようとしている。





STAR DRIVER 輝きのタクト アンソロジー (ヤングガンガンコミックス)
スクウェア・エニックス
2011-02-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by STAR DRIVER 輝きのタクト アンソロジー (ヤングガンガンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"STAR DRIVER 輝きのタクト 第二十二話感想…部長によってまさかの超展開に!?"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: