戦姫絶唱シンフォギア~黒き者~

EPISODE5「なお昏き深淵の底から」

最も黒かったのは櫻井了子。一体何者なのか? 「聖遺物」の本来の持ち主の一族か何かであろうか?
決定的だったのが、血痕の付いたケースを所有していたこと。なぜ彼女が持っていることが出来たのか? 視聴者側にあえて知らしめたのもポイントです。黒幕にもなりうる可能性があるだけに、怪しさ大爆発のキャラに認定です。表の顔と裏の顔を使い分ける魔性の女といったところですね。

“ソロモンの杖”によって、ノイズを召喚し、操る事ができる聖遺物のようですが、発生したノイズを、召喚したノイズで相討ち…といった使い道はできないのかな? 世界平和の為に使えば……と、いうような事をするわけもなく、一部の人間らの利権の道具にされております。

バーサークモードとなった響。デュランダルを起動させたことと関係があるのだろうか?
シンフォギアにしても、デュランダルにしても、響は適合者向けの体質であるのかも。
己自身でも知らない力を秘めていそうです。

最もピュアなヒロインであった翼。自分の答えを出すために、戦う決意を固めます。響きと仲良く…にはまだならないかな。
まだ戦闘パートでの復帰はなさそうです。 


響に特訓の成果が現れ戦う姿が様になったのは、大きな進歩ですね。一方で親友の未来との関係がギクショャクしだしましたが…それぞれの思惑を描いた1話でしたね。



戦姫絶唱シンフォギア 1(初回限定版) [Blu-ray]
キングレコード
2012-03-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 戦姫絶唱シンフォギア 1(初回限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"戦姫絶唱シンフォギア~黒き者~"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: